7月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジョンケツの迷宮は9月29日に日本で発売されました

3D ダンジョンRPG ジャンケツの迷宮 発売されます プレイステーション4クリックPC 日本では9月29日にSteamで3,520円、ダウンロードで3,300円、出版社 取得 そして開発者 カロバンダ 発表。 予約注文は6月20日に開始されます。 初版のコピーにはミニサウンドトラックがあります。

これが私たちを介したゲームの概要です 以前の報道

ジャンケツの迷宮 Acquireによる新しい3DダンジョンRPGです。 そのゲーム設定は「ルーツ」に戻ります ハックアンドスラッシュ。 アギレの名物である「come」(和風)を強調したタイトルです。 筆筆で描いた「深い」世界観を描いています。 「かかく」から「の」まで、日本のさまざまな時代の音楽を放送する「和」の音がします。 ジャンケツの迷宮 これらの4つのキーワードに基づいて開発されました。

世界観:「破壊のインク」災害によって世界に引き寄せられた漆黒

物語はイド語「朝の街」を舞台にしています。 நிலா「破壊のインク」の惨劇と戦い続けます。

イド時君国が所有する、中世の日本に似ており、空に輝く「月」の下に常に位置する強力な魔法の技術的障壁によって守られた要塞都市です。

街は世界中からの旅行者を魅了し、並外れた力を持つ人々から「インク駆逐艦」を選びます。

インク駆逐艦は、最も危険なエリア「サキュウ」に向かう任務を与えられています。

インク獣:絶滅のインクから生まれた

生き物が「破壊的なインク」と接触したとき、ある人は怒って死にましたが、他の人は悪魔になり、愛する人を攻撃し、隣人をむさぼり食い始めました。

死者がマヤと接触すると、彼らは復活し、世界を旅して彼らの立場を強化します。

また、無生物は野蛮人やさまようモンスターに変わることができます

これらは「インク獣」と呼ばれ、人々に恐れられていました。

READ  日本の廃棄物のない都市である上勝町には、持続可能な未来への教訓があります