5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャパン・ハウス・ロサンゼルス「ラマンのアートを紹介

米国の展示会は3月18日に始まり、華やかな磁器のラマンボウルが展示されます。
30人以上の世界的に有名なアーティストによって設計されました

ロサンゼルス、2月。 2022年22日(Globe Newswire)-ラマンの完璧なボウルには何が入っていますか? ジャパンハウスロサンゼルスハリウッドの中心にある日本の文化的な目的地は、次回の展示会でこの質問に答えます 「ラマンボウルの芸術」 架空の磁器ラマンボウルの照明(餃子)そしてスプーン(レンゲ30人の世界的に有名なアーティストによってデザインされた彼らは、ラマンへの愛情を共有しています。 日本国外で初めて見られるこの展示会では、日本のプラスチック食品サンプルメーカーである岩崎茂とミノ、日本の大型磁器によって作成された、Instagramにふさわしい巨大なラマンボウルと麺料理の紹介が行われます。 500年以上の陶器センター。 鑑賞展が展示されています 2022年3月18日〜7月5日

ミナカワアキラ、デンミウヤヒサシ、タナミケイチ、タビモ、ヨーコタタノリ、佐藤卓など、日本で最も重要な現代アーティストをフィーチャーしたデザイナーラマンボウルのメインディスプレイ。 ユーティリティ船も芸術作品になり得るという考えを促進します。

日本のHouseLos Angelesレストランでの特別なラマンポップアップ、映画、教育ウェビナーには、完全に没入型の体験が含まれています。 最初のネットワーク- 「おいしいデザイン:会話 ラマンボウルの芸術 展示会監督者」 – 起こる 2022年3月22日 午後5時から6時までのPST 「美濃の陶磁器:美と革新の500年」 起こる 2022年4月5日 午後5時から6時までのPST 確認してください イベントページ 詳細については。

「ラマンは19年代後半に日本で最初に紹介されましたTh 何世紀にもわたって、この日常の食べ物は世界中に広がってきました。 それでも、ラマンの体験全体を向上させるラマンのボウルの品質はめったに探求されません」と、日本のロサンゼルス下院議長の海風優子は言いました。

「ラマンボウルの芸術」 1800年代半ばに中国から中国に持ち込まれた典型的な屋台の食べ物が、どのようにして日本で最も切望された料理の1つになり、複雑な料理の芸術になったのかを探ります。 この展示会では、小麦麺料理の外観と構造を紹介し、日本で入手可能なラマンボウルとラマンボウルのスタイル、フレーバー、材料、スタイルの多様性を紹介します。

戦後の日本のポップアーティスト、田波圭一の多くの魅力的なボウルの1つは、大学のクモが彼のラマンボウルに落ちて熱いスープに溺れた衝撃的な瞬間を彷彿とさせます。 彼がラマンを食べるのを完全に諦めた経験にショックを受けました。 この瞬間は、彼の活気に満ちた頭蓋骨の蜘蛛によって強力であると報告されています。

高速ビデオアーティストのタビモによるボウルのデザインは、ラマンボウルの井戸に男性と女性の姿を描いているため、「高速アート」を新たに表現しています。 ボウルがラマンで満たされると、ダイナーはラマンを消費し、カップルの関係はさまざまな視点から見られます-関係のさまざまな段階を表しています。

展示会への入場は無料です。 ウォークインが招待され、ギャラリーは毎日午前11時から午後6時まで開いています。

展覧会クレジット:ジャパン・ハウス・ロサンゼルスが贈呈。 TSDO Inc. そして、セラミックフェンス評議会によって組織されました。 キュレーション:佐藤拓、DSTO Inc. そして橋本麻里。 アートディレクション:佐藤卓、TSDO Inc。; グラフィックデザイン:鈴木あやめ&長谷川桃、TSDO Inc。; 展覧会写真:西部裕介; キュレーター後援:橘晃、土田隆弘、岐阜県現代陶磁器研究所、岐阜県現代陶磁器研究所。 特別展後援:セラミックパークミノ、岩崎茂木精工株式会社、きふ県、多治見市、瑞浪市、東京市、可児市。

詳細については、ジャパンハウスロサンゼルスのウェブサイトとソーシャルチャネルをご覧ください。 フェイスブックインスタグラムツイッターウェブライトLinkedIn

日本の家について
日本の家 ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロに3つのセンターを持ち、日本の外務省によって設計された革新的なグローバルプロジェクト。 それは、国際社会における日本の理解と認識を深めることを目指しています。 ハリウッド&ハイランドの2つのサイトを占めるジャパン・ハウス・ロサンゼルスは、その場所やさまざまなショーを通じて、物理的およびイデオロギーの境界を越えて日本の最高の場所を反映する体験を生み出すイノベーションの場を提供します。

場所:6801 Hollywood Blvd.、Los Angeles、CA 90028
Webサイト: www.japanhousela.com

メディアの連絡先:
ネリッサ・シロウ| 310-874-9230 | [email protected]
中野内リサ| 323-904-9298 | [email protected]

この発表で写真が利用可能になります https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/622a31bd-9092-4ae0-92c9-50f95cbe2a4d

READ  日本の入試会場近くで女性を刺したとして男が逮捕された