9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャパンリザーブマックスマックスジャパンは70年の歴史の中で最初のアルファ女性を受け取ります

シメオンの世界では珍しい出来事で、九海という名前の9歳の少女が、九州の自然保護区で677匹の日本のメッカモンキーの軍隊の所有者になります。 日本

ヤケの足跡は、大分の高志山野生生物保護区で母親を殴り、軍隊のアルファガールになった4月に始まりました。 ほとんどのメスのサルにとっては最高峰でしたが、ヤコイはオスの間に10kgの体重をかけることにしました。

6月末、予備エリアで「軍隊B」のリーダーを5年間務めた31歳のアルファオス三十に挑戦。

高崎山の驚いた監視員は、保護区には70年の歴史の中でメスのサルのボスがいなかったと言い、6月30日に「ピーナッツテスト」を実施し、誰が最初に食べたかを確認するためにナッツをボードに載せました。 三十は一歩下がって、八海にアルファステータスを確認するためのパーティーでの最初のヒントを与えた。

「それ以来、ヤコイは木に登り、木を振る。これは力の表現であり、女性にとっては非常にまれな行動である」と高志山の師である木本聡はガーディアンに語った。

「彼女は尻尾を上げて歩いているが、これは女性にとっては非常に珍しいことだ」と木本氏は語り、予備のスタッフは八海の支配的な行動の理由について途方に暮れていたと付け加えた。

高崎山は1952年にサルの聖域として設立され、Aと軍隊Bに分かれて約1,500頭のマカクを所有しています。 監視員が提供する食事。

ニホンザルの野生個体数は10万頭を超えると推定されており、九州、本州、四国の4つの主要な島のうちの3つに広がっています。

彼らは攻撃的であると知られることもありますが、登山家、登山家、高崎山保護区の訪問者は彼らと目を合わせないようにアドバイスされているため、これは課題として説明されています。

READ  日本には別の種類のリーダーが必要です