11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャパンサファリパーク:京都で虎が警備員の手を噛む

ポストする: かわった:

東京(AFP)- 日本のメディアは水曜日に、トラが警備員の手を噛み、東京近くのサファリパークで他の2人を攻撃したと報じた。

長さ約2メートル(6.5フィート)、体重150キログラム(330ポンド)の10歳のオスのトラが、栃木県の那須サファリパークで日光の準備をしているときに3人の警備員に襲われました。 京都通信社は午前8時30分に報じた。

公園の運営者は、トラが期待通りにフェンスで囲まれていなかったと言いました。

代わりに、警備員が展示エリアに通じる歩道でそれを見つけ、それが襲ったと伝えられています。

腕を失った飼育員は、医療ヘリコプターで病院に運ばれた20歳の女性だった、と京都は語った。

京都は、2人目の女性が数か所で噛まれ、1人の男性が後頭部で負傷したと述べた。 彼らも病院に運ばれました。

京都は火曜日、警備員がトラの檻を覆っている柵をチェックしておらず、展示会が終わった後にそれを中に戻すと述べた。

その日、公園は閉鎖され、警察は捜査中です。

那須サファリパークでは専用バスのツアーを行っており、キリンやゾウなど約700頭の動物を自分の車で見つけることができます。

京都は、1997年と2000年にライオンに襲われた警備員を含む公園での治安事件があったと言いました。

READ  日本のSBIは、公開買付け後、Shinze Bankの株式の47.77%を保有していると述べています