2月 2, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジャイアントパンダ、エイミー中日友好大使を任命 – 新華社

2022 年 12 月 17 日、ジャイアント パンダのエイミーは、日本の白浜で中日友好特使に任命されました。 (ジャン・キオミ/新華社)

30歳の雄パンダで日本最高齢のジャイアントパンダであるエイメイは、中国と日本の友好関係を促進し、二国間関係を発展させる上で独特の役割を果たしてきました。

白浜、日本、12 月。 日本に住み始めて28年になるジャイアントパンダのエイミーさんが18日、西日本の日中友好特別大使に任命された。

中国の駐大阪大使である朱健氏は、パンダが生息する日本の和歌山県白浜のアドベンチャーワールドで土曜日に行われた式典で指定を発表した.

2022 年 12 月 17 日、ジャイアント パンダのエイミーは、日本の白浜で中日友好特使に任命されました。 (ジャン・キオミ/新華社)

永明は中国語で 30 歳のオスのパンダで、日本で最高齢のジャイアント パンダです。 1994 年に中国からやってきた彼は、アドベンチャー ワールドで生まれた 16 頭のジャイアント パンダの赤ちゃんの父親であり、飼育下で繁殖に成功した最年長のジャイアント パンダとして世界記録を保持しています。

今年は中日国交正常化50周年であり、ジャイアントパンダが初めて日本を訪れ、中国と日本の友好の象徴として、ジャイアントパンダは友好を促進する上で独特の役割を果たしています。 両国の人々の二国間関係を発展させること。

「パンダへの愛を人間性に変える日本人が増えることを願っています」とシュエ氏は述べ、パンダによって築かれた両国間の友情を通じて、日本人がパンダの故郷である中国をより身近に感じてくれることを願っていると付け加えた。

2022 年 12 月 17 日、ジャイアント パンダのエイミーは、日本の白浜で中日友好特使に任命されました。 (ジャン・キオミ/新華社)

アドベンチャー ワールドと中国四川省のジャイアント パンダ繁殖研究基地との友好協力のおかげで、和歌山県と四川省は今年 1 月に県間友好関係を結んだと、和歌山県の岸本周平知事は書面のスピーチで述べた。

和歌山県は今後も英明氏が築き上げてきた友情を育み、日中交流の向上に努めていきたい」と知事は述べた。

アドベンチャーワールドは、エイミーが来年2月に双子の娘オヒンとドゥヒンと共に成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地に戻ることを発表しました。 公園にはジャイアントパンダが4頭しかいません。

READ  日本は大きな政策変更でより多くの外国人を受け入れることを目指しています