4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジミー・キンメル、日本がアメリカよりも清潔であることに衝撃「私たちは豚のようなものだ」

ジミー・キンメル、日本がアメリカよりも清潔であることに衝撃「私たちは豚のようなものだ」

ジミー・キンメルは月曜日の夜の独白の中で、最近家族と日本に一週間旅行したことで、それに比べてアメリカは「汚くて嫌だ」と確信したと冗談を言った。

「東京と京都のトイレは、ここの手術室よりもきれいです」とキンメル氏は語った。 言った

長年司会を務めてきた同氏は、日本のドラッグストアが「ジェニファー・ガーナーの歯よりもきれい」であることや、日本の大都市には公共のゴミ箱がほとんどないにもかかわらず、ゴミがほとんどないという事実まで、あらゆることを称賛した。

戦車もあったよ 1995 年のサリン事件後、多くの場所が撤去されましたこの事件では、オウム真理教が東京の地下鉄のゴミ箱に有毒化学物質を注ぎ込み、12人が死亡、1,000人が負傷した。

キンメル氏は、1995年の攻撃の余波について言及しながら、「大丈夫だ。ゴミ箱はもうない」と続けた。 「誰もが自分の後片付けをしますが、どうなるでしょうか? 彼らは自分たちの後片付けをします…国全体がディズニーランドのようなもので、私たちはシックスフラッグスに住んでいます。

全体として、このコメディアンで最近オスカー受賞者となった彼は、「日本人に比べれば、我々は豚のようなものだ」と語った。

日本の清潔さの評判にはさまざまな要因が影響しています。

第二次世界大戦後すぐの数年間、急速に工業化が進むこの島国では、特に大都市東京周辺で土地が不足し始めた。

1990年代にはより厳格な廃棄物管理規則が導入され、2017年の時点で同国はプラスチックの4分の3をリサイクルしており、これは当時の英国の率の2倍だった。 世界経済フォーラムによると

文化的要因も影響しており、他の観察者らは日本の強い市民文化や、喫煙者に自分の灰皿を携帯することや、ほとんどの人が歩きながら食事を同時に避けることなどの規範を挙げている。 ブルームバーグ ノート

2023 年のオスカーにノミネートされたこの映画の成功のおかげで、特に東京のトイレは予期せぬ瞬間に脚光を浴びています。 完璧な日々有名なドイツの映画監督ヴィム・ヴェンダースによる、公衆トイレ清掃員の平山の日常生活を描いた映画。

日本の首都は、計画されていた2020年のオリンピックに先立って大規模な改修が行われたが、オリンピックは後に延期され、無観客で開催された。

都市型スポーツトイレは、安藤忠雄、坂茂、隈研吾などプリツカー賞を受賞した建築家によって設計されています。

「日本のトイレが世界一だと言ったら、誰も異論はないだろう」と、東京トイレプロジェクトの提唱者である実業家の柳井宏治氏は言う。 ニューヨークタイムズ日本のトイレを国家の「誇り」の表れと呼ぶ。

READ  日本はデンマークオープンの最終日に3つのタイトルを集めます。 No.1桃田健人が足りない