2月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

シンガポールは2023年までに日本の最大の不動産投資国になると報告書が発表

シンガポールは2023年までに日本の最大の不動産投資国になると報告書が発表

(ブルームバーグ) — ナイト・フランク法律事務所によると、円安と物流・接客業の需要拡大により、シンガポールは今年、日本の不動産セクターへの最大の投資国となった。

ブルームバーグで最も読まれた記事

今月発表された報告書によると、2023年までにこの都市国家からの流入額は総額30億ドル近くに達し、次いで米国、カナダ、アラブ首長国連邦からの投資家が続いている。

ナイト・フランクのアジア太平洋調査責任者クリスティン・リー氏は、シンガポールの政​​府系ファンドGIC Pteがブラックストーンから日本の6つの倉庫を8億ドルで購入し、多大な貢献をしたと述べた。

ゴールドマン、KKR、ブラックストーンが日本のホテルへの投資ラッシュに参加

GIC 最高投資責任者のジェフリー・ジャンスパキー氏は最近、日本について、価値を実現でき長期的に期待できる「非常に安い」市場であると述べた。 海外の投資家も借入コストの低さに魅力を感じており、パンデミック後の観光ブームを受けてホテルへの投資額が増えている。

MSCIによると、ゴールドマン・サックス・グループ、KKR&Co、ブラックストーンなどの海外投資家は、2023年現在までに日本のホテル取引に20億ドルを費やしたという。 実物資産。

ナイト・フランク氏はリポートの中で、日本におけるハイブリッド勤務形態の増加と供給の増加により、オフィス部門に対する投資家の意欲が損なわれていると述べた。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2023 ブルームバーグ LP

READ  日本のユニークな地域を祝うバーモンジーの無料フェスティバル