12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

シックスネイションズラグビー| スコットランドが日本に勝った

試合開始20分、第3クォーターで日本が選手をノックダウンしたため、2シードの佐藤宇奈がレッドカードを受け取ったが、試合から抜け出せず、決勝まで戦った。

スコットランドは12分、ハンナ・スミスの休憩の後、ウィング・ロイドがコーナーでの最初の試みを決めたときにリードを奪った。

しかし、8分後、佐藤が行進するように命じられたため、さくらはXV14に減らされました。

4分後、ラナ・スケルトンがドライビングモールの後ろから歩いたとき、スコットランドはゲームで逃げ出したようでした。

しかし、私たちが日本に慣れてきたので、たとえ彼らに反対したとしても、彼らは決してあきらめず、前半の最後の5分間に2回の素早い試みで、観客はハーフタイムで12-10のリードを獲得しました。

まず、フッカー・ニジホ・ナカダが至近距離からラインを越え、その直前にタイトヘッドプロップの加藤幸子がハーフタイムホイッスルの直前のポストのすぐ下で、成功したチェンジですべてのオッズに対してリードした。

スコットランドの後半の試合は素晴らしく、日本の防衛は最初の攻撃と一致しませんでした。

ミーガン・コフニー・ノリコがソロを通過し、コーナーでフィニッシュするためにいくつかの素晴らしいショットを見せ、フライハーフのヘレン・ネルソンが変更を加えました。

突然スコットランドは後半の開始から5分以内に17-12のリードを取り、ペースは彼らにとどまり、フルバックのクロエ・ローリーがチームの努力を完了し、再びネルソンに取って代わった。

日本はまだ諦めず、目を引くギャップを作ったが、結局、スコットランドの防衛は常に回復することができた。

リサ・トンプソンは、62分に素晴らしいラインでスコットランドの5回目のトライを記録し、ネルソンからパスを取り、ハードラインの内側をカットして、20分以内にスコットランドに31-12のリードを与えました。

ロイドがサラ・ローの素晴らしいキックを追いかけ、2度目のコーナーに立ったとき、日本は全力で守備を続けたが、スコットランドの6点目については何もできなかった。

日本は勇敢に戦ったが、スコットランドの防衛は圧倒的な勝利を収めることを決意した。

READ  日本の経済大臣は日銀の2%の価格目標を変更する必要はありません