5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

シェフター:スティーラーズがC/Gメイソンコールと3年契約を結ぶ

ESPNのAdamSchefferによると、ピッツバーグスティーラーズは、フリーエージェントである署名センターのメイソンコールを3年間の契約に追加し終えていません。

取引の金銭的条件はすぐにはわかりませんでした。

25歳のコールは2021年にミネソタバイキングで過ごし、2021年に7試合を開始しました。コールには39のキャリアがあり、そのうち32はアリゾナカージナルスで過去3年間に出場します。 彼はポジションとゴールキーパーの両方の経験があります。 彼は2週間で26歳になります。

カージナルスは2021年3月にベンコールをミネソタにトレードし、6ラウンドのピックを獲得しました。 彼はシーズン半ばまでスタートせず、センターで仕事を始めた後、右利きの選手と3試合衝突した。 彼はシーズンの終わりにひじを負傷し、12月下旬にIRの活動を停止しました。

ミシガンから出てきたコールの6041は、2018年のコンバインで321/8インチの腕で307ポンドの重さでした。 5.15は23.5インチのバレルで40を実行し、RAS平均よりも低いスコアでした。 彼はウルヴァリンズとの左と中央の干渉を果たした。

ミシガン州からの2018年ドラフトの第3ラウンドでドラフトされたコールは、スティーラーズのスターティングセンターになるか、右利きのキックをして、フリーエージェントを打っているように見えるトレイターナーに取って代わる可能性があります。

ピッツバーグは本日、​​署名されたQBミッチェルトゥルビスキーとともにOTチュクウマオコラフォーに再署名しました。

READ  大谷翔平、イチローに次ぐ2021年度年間MVP獲得なるか?