4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

サムスン、Bixbyはまだ死んでいないと発表

サムスン、Bixbyはまだ死んでいないと発表

ビクスビーはまだ死んでないようだ。 サムスンの幹部 CNBCは言う 同社が音声アシスタントにAI機能を搭載するために「懸命に取り組んでいる」ということは、同社がGeminiのような製品を代替品ではなく、競合他社とみなしていることを示唆している。

私たちの中には疑問に思い始めている人もいるので、知っておくと良いでしょう。 今年初めにサムスンが主力携帯電話向けに多数の新AI機能を発表した際、音声アシスタントについてはほとんど言及されなかった。 サムスンとグーグルも、グーグルのオンデバイスAIモデルであるジェミニナノを搭載したギャラクシーS24携帯電話で大きな取引を行った。 サムスンがBixbyをGoogleアシスタントGeminiに置き換えることはないだろうが、どうやらそれは計画ではないようだ。

「Bixbyに生成AIを搭載できるように、Bixbyの役割を再定義する必要があると思う」とサムスンのモバイル担当エグゼクティブバイスプレジデント、ウォン・ジュン・チョイ氏はCNBCに語り、「より賢く」なる必要があると付け加えた。 「そして、より自然に話すことができます。」 現在、音声アシスタントに人工知能を統合しようと努力しているテクノロジー企業はサムスンだけではなく、アップルも今年のWWDCカンファレンスでAIを活用したSiriを発表すると予想されている。

一方、Galaxy S24 の AI 機能は、One UI 6.1 アップデートを通じて昨年の携帯電話に搭載されました。 パッケージ全体を「Galaxy AI」と呼んでいますが、現時点では無料です。 サムスンが将来、AI機能の有料化を計画しているのであれば、現在提供できる以上のものを提供する必要があるだろう。 そのビジョンが何であれ、Bixby はその一部であるようです。

READ  グランツーリスモ7PS5、PS4は終日オフラインになっています