6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

サザビーズは、日本最古のウイスキーを50万本でお届けする予定です。

1本31,000ドルで発売された、日本最古の55歳の山崎ウイスキーは50万本を獲得すると見込まれています。

日本最古のウイスキーボトルであるヤマサキ55は、日本の歴史的なモルトウイスキー蒸留所であるサントリーのヤマサキ蒸留所でろ過されています。

山崎55は、40万〜50万米ドルの価値があり、日本でこれまでに製造された中で最も古く、最も価値のあるボトル入りウイスキーです。 最初の壷は1960年にろ過されました シンジロウトーリー、サントリの創設者で、ミスナラオークで熟成。 2番目と3番目の壷は、1961年と1964年にサントリの2番目のマスターブレンダーである佐治圭宗によって蒸留され、後にアメリカンホワイトオークで作られました。

ウイスキーは半世紀前に3世代前に置かれ、現在のチーフブレンダーである創業者の孫である福尾真司が、ウイスキーの世界で真に傑作と見なされているこれらの瓶を選んでブレンドしました。

The 競売 サザビーズのウイスキーは6月17日まで営業しています。

山崎55は、2020年に1本31,000米ドルで最初に発売され、現在はオークションで50万ドルの価格になっています(画像:サザビーズ)

山崎55は、2020年に日本でJPからわずか330万円(31,000米ドル)で発売されました。 国際的に提供されているものが非常に少ないため、ボトルはオークションで6桁の価格に達しています。

2020年、香港の55歳の山崎ボトルが620万香港ドル(795,000米ドル)で販売された後、ボナムズはオークションで販売されたジャパニーズウイスキーの新記録を樹立しました。

によると サントリのウェブサイト、山崎55には白檀と熟した果実の香りが含まれています。 味わいは、ウィスキーに甘い味と少し苦い味が混ざり合っており、ミスナラケースのウッドノートが続きます。 フィニッシュはやや苦味があり、ウッディなアロマとほのかなスモークがあります。

この歴史的に重要なウイスキーは、熟成に使用された樽を映した黒い水奈良の箱に収められており、このボトルは、インクブラックの手作りの越しわし紙の層で包まれ、24本の別々の繊維で作られたニットコードで取り付けられています。 全体のパッケージは、日本の伝統工芸品を反映しています。

ジョニー・フォル、サザビーズのウィスキー、北米、EMEAの責任者現在、日本では老化ウイスキーは非常にまれであるため、サントリの老化ステートメントブランドは廃止されるか、非常に限られた数量でのみリリースされます。 山崎55は、この不足している流通の主要なウイスキーであり、独自のリーグに属しています。 これらのウイスキーコレクターは、希少性を伴わずに価格と品質をどのように一致させることができるかの例として、探しているウイスキーの主要な構成要素を要約しています。

ジャパニーズウイスキーの起源

ウイスキー(画像:ファイル画像)
ウイスキー(画像:ファイル画像)

日本のウイスキーへの愛情は、江戸時代の終わりにマシュー・コモドール・ペリーという名の米海軍士官が日本に到着した1853年にさかのぼります。 当時、常川幕府は厳格な隔離規則を施行していました。つまり、日本人は立ち去ることができず、外国人の訪問者は立ち入ることができませんでした。

ペリー提督は、平和の供物(白旗とアメリカンウイスキーの樽)を思いつき、交渉へのショーケースアプローチに触発されました。 ウイスキーの輸入は、隔離に関連する法律が後に緩和されたときに始まりました。

日本でのウイスキーの人気は、地元の醸造所や蒸留所にダークスピリッツを再現するよう促し、2つの有名なジャパニーズウイスキーの置物を作成しました。 そして、ニカウイスキー蒸留の創設者でザックブリューワーの息子であるマサダカデケツル。

1899年、新次郎は、日本の宮殿向けの洋酒の製造を目的とした小さなワインショップ、鳥鳥商店を設立しました。 ニッカウイスキーが登場する前は、 டகேட்சுரு トーリー党は10年以上会社で働いてきました。

1923年、蒸留所にふさわしい場所を探した後、京都郊外の山崎村に上陸した。 1929年、 山崎蒸溜所 日本初のウイスキーであるチャンドリウイスキーが白房を紹介しました。

「ジャパニーズウイスキーの父」として知られるテクスルマサタカは、スコットランドのロングモーン、ボネス、ヘーゼルバーンの蒸留所で3年間働いた後、ジャパニーズウイスキーの蒸留に関するスコットランドの知識をジャパニーズウイスキーの開発に貢献してきました。 彼は後に1934年に最も有名な日本のウイスキー会社の1つであるニカウイスキーを設立しました。

「見習いレポート:ポットスティルウイスキー」と題された彼の日記は、ジャパニーズウイスキー生産の究極のガイドとなっています。

日本初のシングルモルト蒸留所で製造されたウイスキーの品質や、オークションに出品されるボトルの価値を誰も予想できませんでした。

READ  オーストラリアから日本に貨物を輸送する世界初の水素タンカー