6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

コノコフィリップス、最新のエネルギー合併でマラソン・オイルを225億ドルで買収

コノコフィリップス、最新のエネルギー合併でマラソン・オイルを225億ドルで買収

[ロイター] – コノコフィリップスは水曜日、マラソン・オイル社を225億ドルの全株式取引で買収することで合意した。これは企業が埋蔵量の増強を目指す石油・ガス業界における一連の大型取引の最新のものである。

米国の石油・ガス業界は過去 2 年間にわたり再編の波に見舞われてきた。 昨年は最も忙しい年で、企業は2,500億ドル相当のM&A取引を成立させた。 株式市場の活況が続き、米国の石油生産量が新記録を更新する中、この勢いは今年に入っても続いている。

この取引は、10月に米国大手エクソン・モービルによるパイオニア・ナチュラル・リソーシズ買収の発表と、シェブロンがヘスとの530億ドル規模の合併提案を発表し、火曜日に後者の株主によって承認されたことに続いて行われた。

マラソン・オイルはノースダコタ州のバッケン盆地、デラウェア州北部のパーミアン盆地、テキサス州南部のイーグルフォード盆地で事業を展開しているが、これらの地域は在庫を増やしたい生産者にとって主なターゲットとなっている。

マラソン・オイル株は28.39ドルで7%上昇したが、コノコ株は市場前の取引で3%近く下落した。

コノコフィリップスのライアン・ランス最高経営責任者(CEO)は「今回のマラソン・オイルの買収により、当社のポートフォリオはさらに深まり、当社の財務枠組みに適合し、米国における非従来型の主要な地位に隣接する高品質で低コストの供給在庫が追加される」と述べた。

連邦取引委員会がシェブロン、ダイアモンドバック・エナジー、オクシデンタル・ペトロリアム、チェサピーク・エナジーが関与するものを含む数十億ドル規模の取引を審査する中、合併活動に対する独占禁止法の監視は強化されている。

マラソンの株主は、保有する1株につきコノコフィリップス株0.2550株を受け取る。 ロイターの計算によると、これはマラソン株1株当たり30.33ドルのオファーに相当し、火曜日の株価終値時点で15%近くのプレミアムに相当する。

この取引にはマラソン社の負債54億ドルが含まれており、2024年第4四半期に完了する予定だ。

コノコフィリップスは、取引完了後最初の丸1年以内に、総コストと資本実行率の5億ドルを達成できると予想していると述べた。

火曜日遅く、フィナンシャル・タイムズは両社間の事前合意交渉のニュースを初めて掲載した。

(バンガロールにてサハール・ダリーンとジュナネシュワル・ラジャンによる報告;ムジャンク・ダニワラとアニル・ディシルバによる編集)

READ  英国のインフレ率は9.1%で40年ぶりの高値に達する