2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

グリン・エナジーは日本で2GWhのBESSプロジェクトを建設する計画

グリン・エナジーは日本で2GWhのBESSプロジェクトを建設する計画

シンガポールに拠点を置くGurīn Energyは、日本で2ギガワット時の蓄電池エネルギー貯蔵システム(BESS)を構築、開発、運用する計画を発表した。

この500MWプロジェクトはグリン国では初めてのプロジェクトとなる。 蓄えられたエネルギーは5万台のEVを充電するのに十分な量となる。

このプロジェクトは6年間で910億円を投資して建設されます。 この場所での建設は 2026 年に開始される予定です。

東芝三菱電機産業システム株式会社(TMEIC)は、このプロジェクトに BESS ソリューションを提供します。 日本工営エネルギーソリューションズはエンジニアリングコンサルティングサービスを提供する。

Gurīn は、BESS の開発のために福島県または栃木県のいくつかの場所も検討しています。

東京にオフィスを設立し、このプロジェクトに特化した現地サポートチームを設立する予定で、これにより生涯で120の雇用が創出される予定だ。

GlobalData を利用して、市場で最も包括的な企業プロフィールにアクセスします。 研究時間を節約します。 競争力を高めます。

会社概要 – 無料サンプル

ダウンロードメールが間もなく届きます

私たちは、当社の会社概要の優れた品質を信じています。 ただし、お客様のビジネスにとって最も効果的な決定を行っていただきたいため、以下のフォームを送信してダウンロードできる無料のサンプルを提供しています。

グローバルデータによる

これにより、日本の実用規模のリチウムイオン電池容量は2倍になり、国内のエネルギー貯蔵容量はMWhで220%増加することになる。

必要に応じて電力を貯蔵および放電し、送電網運営者が電力需要と発電のバランスをとるのを支援します。

BESS は、その生涯にわたって 700 万トンの炭素排出を回避します。

グリン・エナジーのアサド・ラズーク最高経営責任者(CEO)は次のように述べた。「私たちの取り組みは、アジアを100%再生可能エネルギーに移行させるための具体的な行動をとっており、日本でのグリン・エナジーの設立を発表できることを嬉しく思います。」

「私たちは、国内最大の蓄電池エネルギー貯蔵システムを構築、開発、運用することから日本への旅を始めることを選択しました。なぜなら、私たちが地方、地域、国家の電力網の回復力に貢献できることを知っているからです。

「さらに、私たちは日本の気候変動と再生可能エネルギーの目標を支持できることを嬉しく思います。 当社のパートナーである日本工営エネルギーソリューションズ、TMEIC、およびより広範な業界と協力して、私たちは日本の回復力とグリーンな未来に必要なエネルギーソリューションを提供する準備ができています。

グリンはまた、再生可能エネルギーとエネルギー貯蔵の分野ですでに特定されているビジネスチャンスにも注力していきます。

2021 年、ニュージーランドに本拠を置く投資会社は、 インフラディル シンガポールの再生可能エネルギー開発プラットフォームであるGurīn Energyへの2億3,300万ドル(3億7,393万ニュージーランドドル)の投資を発表。

このプラットフォームは、アジア全域の再生可能エネルギープロジェクトの開発に焦点を当てます。



READ  中国経済に問題の兆候が現れる