12月 4, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

クリーブランド連銀はロレッタ・メスター氏の退任を受け、新たなリーダー探しを開始

クリーブランド連銀はロレッタ・メスター氏の退任を受け、新たなリーダー探しを開始

  • 中銀の金融政策引き締めの最大の支持者の一人であるミースター氏(65歳)は、来年6月で現職を10年間務めるため、定年退職を迎えることが多い。
  • この空席は、FRBが理事会の多様性の拡大を推進している時期に生じたものである。

クリーブランドの連邦準備制度理事会は水曜日、ロレッタ・メスター現議長が2024年半ばに退任することを受け、新たな指導者探しを開始した。

中銀の金融政策引き締めの最大の支持者の一人であるミースター氏(65歳)は、来年6月で現職を10年間務めるため、定年退職を迎えることが多い。

クリーブランド連銀の理事で構成される委員会が調査を実施する。 この空席は、FRBが理事会の多様性の拡大を推進している時期に生じたものである。

地区理事会副会長のハイディ・ガートランド氏がマイスターの後任を率いることになる。

「過去10年間にわたるマイスター議長の強力なリーダーシップにより、クリーブランド連銀は地域社会と国家にとって重要な資産となった」とガートランド氏は述べた。 「私たちは、銀行がマイスター社長が設定した高い基準を確実に満たし続けることを保証できる新しいリーダーを見つけることに全力で取り組んでいます。」

クリーブランド連銀を誰が率いるかは、2024年に中央銀行の金利を決定する連邦公開市場委員会での投票権を獲得することになる。

彼女の最後のスピーチミースター氏は、FRBはインフレ率を2%に戻すことを目指すため、年末までに再度利上げする必要があるかもしれないとの考えを示した。

READ  C3.aiの株価は決算発表後に上昇