2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

クリスマスに一人旅をしていた6歳の男の子が、間違ったスピリット便に乗せられてしまった

クリスマスに一人旅をしていた6歳の男の子が、間違ったスピリット便に乗せられてしまった

フロリダ州フォートマイヤーズ(AP通信)-クリスマス休暇にフロリダ南西部の祖母に会いに行くため飛行機に乗った6歳の男の子が、間違った飛行機に乗せられ、260マイル離れたフロリダ州オーランドに到着してしまいました。

祖母のマリア・ラモスさんが木曜日、フィラデルフィアから初めて旅行する孫を迎えるためにフォートマイヤーズのサウスウェストフロリダ国際空港に到着したとき、孫はスピリット航空の飛行機に乗っていないと告げられた。

「私は機内で客室乗務員のところへ走って行き、『私の孫はどこですか?フィラデルフィアで出産したのですか?』と尋ねました。」彼女は、「いいえ、子供はいませんでした、ラモス」と答えた。 教えて ウインクニュース。

その後、オーランド空港から孫から着陸したことを知らせる電話を受けました。

スピリット航空は声明で、少年はオーランド行きの便に不適切に搭乗したにもかかわらず、常に航空会社従業員の世話と監督下にあったと述べた。 声明によると、航空会社はミスが判明するとすぐに家族にそのことを報告したという。

「私たちはすべてのゲストを輸送する安全性と責任を非常に真剣に受け止めており、内部調査を行っている」と声明文には書かれている。 「このような経験をしたことをご家族にお詫び申し上げます。」

READ  航空会社が検査指示を待つ間、ボーイング Max 9 型機は運航停止のまま