2月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

クラフト社、窒息の危険性があるとしてアメリカンスライスチーズをリコール

クラフト社、窒息の危険性があるとしてアメリカンスライスチーズをリコール

「クラフト・ハインツは最高水準の安全性と品質を維持することに尽力しています。」

食品会社クラフト・ハインツは、個別包装されたアメリカン加工チーズ約8万4000枚に窒息の危険性があると判断され、自主回収を発表した。

「自主回収は、当社の包装機の1台で一時的な問題が発生し、包装を剥がした後にシート上に個々のフィルムの薄いストリップが残る可能性があったことを受けて、予防措置として行われたものです」とクラフト・ハインツ氏は声明で述べた。 。 火曜日の午後。 「フィルムがスライドに張り付いて取り除かないと、不快で窒息や吐き気の危険を引き起こす可能性があります。」

他のクラフト製品は同社の自主回収の影響を受けない。

この問題は、クラフト・ハインツが「プラスチックがチップに張り付いているのが見つかった」という消費者からの苦情を数件受けて発覚し、その中には窒息したり猿ぐつわを噛んだという消費者からの苦情も6件含まれていたとクラフト社は声明で述べた。

怪我や重大な健康上の問題は報告されていません。

クラフト・ハインツは、現在、影響を受けたスライスを梱包した機械を修理し、汚染が再び起こらないことを確認するために他のすべての加工機械を徹底的に検査したことを認めた。

以下の状態/パッケージ情報を持つクラフト シングル アメリカン プロセス チーズ スライスのみが影響を受けます。 他の品目やサイズはリコールの対象には含まれません。

「クラフト・ハインツは安全性と品質の最高水準を維持することに尽力しており、このようなご迷惑をおかけしたことをお詫びする」とクラフト社はリコール発表の謝罪文で述べた。

クラフト氏は、これらの製品を購入した消費者はそれらを消費すべきではなく、交換または返金のために購入した場所に返品することができると述べた。

消費者は、月曜日から金曜日の東部時間午前 9 時から午後 6 時まで、クラフト ハインツ (1-800-280-8252) に電話して、製品がリコールの対象かどうかを確認し、払い戻しを受けることもできます。

READ  制裁の中で株式は下落し、石油は再び100ドルを超える