9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

クッキーはもうありません:日本はオンライン追跡広告で繁栄しています

東京発-サッポロビールやパナソニックなどの日本の大手企業は、政府やテクノロジー企業がプライバシーへの懸念の高まりを緩和するための新たな措置を講じているため、オンラインユーザーの習慣に基づく広告を敬遠し始めています。

広告と広告に約190億円(1億7,275万ドル)を費やしている札幌は、ターゲット広告の予算を約70%削減しました。 現在、札幌のオンライン広告の30%から10%未満を占めています。

ビール会社だけではありません。 オフィスディストリビューターのアスクルは、過去3年間で、ロハゴオンラインストアのターゲット広告の予算を90%以上削減しました。

これらの動きは、消費者の好みに合わせてデータをマイニングするという長年の慣行を反映した、ポリシーと業界のトレンドの両方を反映しています。

「将来的にターゲットを絞った広告を信頼することはできません」と札幌の幹部は語った。

ターゲットを絞った広告は、オンラインで購入または検索している人などの個人データを分析することで機能します。 この情報は、視聴者の興味を引くと思われる広告を使用するために使用されます。 業界のオブザーバーによると、ターゲット広告のクリック率は、非ターゲット広告の2倍になる可能性があります。

広告在庫が多い。 世界のデジタル広告市場の価値は3500億ドルを超えています。 テンツ氏によると、日本ではデジタル広告の価値は2.2兆円(約200億ドル)で、広告全体の30%以上を占めています。 ターゲット広告は1兆円相当のオンライン広告を数えます。

しかし、広告は消費者のプライバシーを侵害しているという批判も集めており、世界中の企業が個人データをより慎重に扱うように促しています。 日本では、更新されたデータ保護法が2022年4月に施行され、企業は「ニックネーム」情報をデータと共有する前にユーザーの同意を得る必要があります。

大量のユーザー情報を収集している米国のテクノロジー企業も、戦略の変更に気づいています。 Googleは、2023年にChromeウェブブラウザからサードパーティのCookieをリリースすると発表しました。

Appleは4月、ユーザーの許可なしにiPhoneプロセッサの監視とデータの収集を停止しました。 マーケティング分析会社のAppsFlyerによると、7月中旬にデータ追跡を選択したグローバルユーザーは半数未満でした。 iOSアプリの広告費は3か月で15%減少し、広告主は予算を削減していると述べ、これらの広告が効果的でなくなることを懸念しています。

「ターゲット広告の倫理と利便性について疑問があります」とパナソニックは語った。

代わりに、一部の企業は他のより効果的なデジタル広告にギアをシフトしています。 ターゲットを絞った広告に関する一般的な苦情は、購入後もユーザーが車と同じ商品に関する広告を受け取る可能性があることです。

パナソニックは現在、人工知能を使用してインターネット上のテキストや画像を分析し、コンテンツターゲット広告を試して、関連する広告を即座に表示しています。 たとえば、ロックバンドの特集記事には、ハイエンドのワイヤレスイヤホンの広告が含まれている場合があります。

コンテンツターゲット広告の主な利点は、ブラウジングやターゲット広告などの検索履歴に依存するのではなく、ユーザーの興味にリアルタイムで応答することです。

「通常のターゲット広告よりもクリック率が高い」と、米国を拠点とする環境広告プロバイダーであるKum KumJapanのマネージングディレクターであるNokKasuWakuri氏は述べています。

しかし、代替案の人気が高まっているにもかかわらず、ターゲット広告がいつでも消えることは期待されていません。 Googleは、ユーザー向けに個別にではなく、何千もの広告を保持するテクノロジーを開発しました。 全体的なデジタル広告は成長することが期待されているだけです。つまり、プライバシーの懸念がこの分野で広がり続けています。

READ  体操-韓国のシンが男子ボックスで金メダルを獲得