5月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ギャビン・ニューサム、メーガン妃、ハリー王子の「非行」慈善活動に反応。

ギャビン・ニューサム、メーガン妃、ハリー王子の「非行」慈善活動に反応。

カリフォルニア州知事のギャビン・ニューサムは、ハリー王子とメーガン・マークルのアーチウェル財団を巡る論争についてコメントした。

5月3日、カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタの書簡の中で、夫婦の慈善活動は「滞納」と認定され、募金や資金の支出を停止するよう命じられた。

しかし、アーチウェル氏と司法長官事務所は、同組織が現在「完全に準拠しており、良好な状態にある」ことを確認した。

メーガン・マークルとハリー王子は2020年にアーチウェル財団を設立した。 アーチウェル財団

56歳のニューサムは火曜日、サンマテオ郡行動健康治療センターでの記者会見でサセックス夫妻とその財団を擁護した。

「私は行動健康のサイト、つまりメンタルヘルスのサイトに来ています。メーガン・マークルとハリー王子が運営するアーチウェル財団は、特に優れた取り組みを行っています。」 [for] 「女性と少女ですが、特にメンタルヘルスに関してです。」 彼は言った

ギャビン・ニューサム氏は火曜日の記者会見でアーシュウェル財団を擁護した。 AP

同氏はさらにこう続けた。「そして、人々に知ってもらいたいのは、彼らが準拠していただけでなく、これは非常に誇張された技術論文の問題であり、敬意を表して、これらの見出しを発表した人々がこの見出しを発表することを願っています。重大な問題だった。」 事務処理に関する典型的な技術的問題は、他の多くの企業でも同様に発生します。

「彼らは完全にコンプライアンスを遵守しており、カリフォルニア州で優れた活動を行っている有名な組織です」とニューサム氏は付け加えた。 「だから、これは重要なことだし、非常に不公平な未処理の部分があると思ったので、それを明確にしたかったのです。」

ギャビン・ニューサムはカリフォルニア州知事です。 AP

最初の論争を引き起こした書簡では、ハリー王子(39歳)とマークルさん(42歳)がアーチウェルの登録料を失効させたため、彼らの団体が慈善団体や募金活動団体の登録簿に不履行として記載されたと主張していた。

州司法長官が提出した文書には、「滞納者としてリストされている組織は健全な状態ではなく、慈善資金の勧誘や支出など、登録が必要な行為を行うことは禁止されている」と書かれている。

同文書には、「この組織は制裁の対象となる可能性もあり、その登録は登録簿によって一時停止または取り消される可能性がある」とも述べられている。

メーガン・マークルとハリー王子は、慈善活動を巡る論争が見出しを飾ったとき、ナイジェリアに滞在していた。 ゲッティイメージズ:アーシュウェル財団
マークルさんとハリー王子は3日間ナイジェリアを訪問した。 ゲッティイメージズ:アーシュウェル財団

Archewell には、夫妻の非営利慈善財団のほか、メディア制作に重点を置いた営利事業部門である Archewell Audio および Archewell Productions が含まれています。

アーシュウェルの広報担当者は火曜日にページシックスに次のように認めた。 施設は営業を再開しました

「我々は状況を熱心に調査した結果、アーシュウェル財団が引き続き完全に準拠し、良好な状態にあることを確認できた」と声明には書かれている。

10月にニューヨークで開催されたアーシュウェル財団のイベントに出席したメーガン・マークルとハリー王子 ニューヨーク・ポストのスティーブン・ヤン

広報担当者は、「支払いは速やかに行われ、IRSのプロセスと手順に従って行われた。さらに、必要な書類はすべて誤りや違反なく提出された」と付け加えた。

Page Six によると、この団体は延滞料を除いて約 200 ドルの負債を抱えているという。

マークルとハリー王子は、2020年3月に王室生活を離れカリフォルニアに移住した後、アーチウェル慈善財団を設立した。

今週、彼らの財団をめぐる論争が見出しを飾ったとき、彼らはナイジェリアにいた。

ナイジェリア旅行中のハリー王子とマークルさん ゲッティイメージズ:アーシュウェル財団

「私たちは素晴らしい仕事をしています。私たちの家族が成長していくのを見ることができて幸せです。」 彼はピープル誌にこう語った。 その間 3日間のナイジェリアツアー

2人の子供の母親である彼女は、「もちろん幸せです」と付け加えた。 「私たちは本当に幸せです。」

READ  「ユーフォリア」スター、ニカ・キング、話題になったスタンドアップ動画はただの冗談だったと語る