4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

キャサリン妃、がんを患っていることを明らかに

キャサリン妃、がんを患っていることを明らかに

金曜日の午後、ガンの治療中であることを発表したキャサリン妃にちなんで「リトルブリテン」と人々が呼ぶマンハッタンのウェストビレッジの一角は、重苦しい雰囲気だった。

ホブノブスのビスケット、ウィルキン&サンズのジャム、ステーキ、ビールパイなどの英国商品を販売するハドソン通りのマイヤーズ・オブ・ケズウィック店では、オーナーのジェニファー・マイヤーズ・プリドールさんは、父親のピーターさんから厄介なテキストメッセージを受け取りながら、その広告を生で見たと語った。マイヤーズ。 彼は 39 年前に店をオープンし、現在は引退してイギリスのケズウィックに住んでいます。

「私は彼女に同情しています」とニューヨークで生まれ、ケズウィックで夏を過ごして育った45歳のマイヤーズ・ポリドールさんは語った。 彼女自身には3人の子供がいるため、この問題について公に話し合う前に家族で解決したいという王女の気持ちは理解できると述べた。

マイヤーズ・ポリドールさんは「子どもたちを守りたい気持ちは理解できる」と語った。 「彼らのようにスポットライトを浴びて生きるなんて想像もできません。」

今年初めに腹部手術を受けて以来、キャサリン妃があまり公の場に姿を現さなくなった理由について、最近ネット上で憶測が飛び交っているのに追いついていないと彼女は語った。 マイヤーズ=ポリドール夫人は、とんでもない噂を広めた人々について何も良いことを言えなかった。

「ひどい。一人で過ごす時間すら持てなかったのが情けない。きれいになる以外に選択肢がなかったのではないかと思うほどだ」と彼女は語った。

マイヤーズ・ポリドールさんにとって、このニュースは、店主がキャサリン妃を精神的な後継者と考えている元ウェールズ王女ダイアナ妃の辛い思い出を呼び起こした。

マイヤーズ=ポリドール夫人はキャサリンについて「イギリスでは彼女は愛されている」と語った。 「人々は彼女を国民の王女だと考えています。」

ダイアナの死後。 エリザベス2世女王の死。 キング・チャールズ癌の診断。 また、ウェールズ皇太子のウィリアム王子と弟のサセックス公ハリー王子との疎遠により、マイヤーズ=ポリドール夫人は英国王室の将来を懸念していると語った。

「そうなることを願っています」と彼女は言った。

店の外で、リチャード・バーネットは顔をしかめながらそのニュースについて話し合った。

「すべてがとても悲しいことだ」とロンドン出身でニューヨークに35年間住んでいるバーネット氏は語った。 さらに、キャサリン妃の治療が成功し、早く快適に回復することを願っていると付け加えた。

「彼女の幸運を祈ります」と彼は言った。 「そして平和と静けさ。」

マイヤーズ=ポリドール夫人が非難したキャサリン妃に関する最近のゴシップや憶測に従ったのかと問われると、バーネット氏はうなずいた。

「噂がなくなってよかった」と彼は言った。

グリニッジ・ストリートの数ブロック離れたイギリス料理レストラン、ティー・アンド・シンパシーの外で、デイブ・ヒーナンはこのニュースについて尋ねられると首を横に振った。

1963年にイギ​​リスのニューカッスルからニューヨークに移住した81歳のヒーナン氏は、「ひどい。私は打ちのめされている。王室全員がひどいことだ!」と語った。他の英国人同様、キャサリン妃を愛するようになったと語った。そして彼女の将来に興奮していました。

「王室の中でこの王冠を真に保持できるのは彼女だけだ」と彼は語った。

彼が言える一つの前向きな点は、イギリス人男性や女性たちと自分の気持ちを分かち合うことができたことだ。「イギリス人が団結するのです」。

ティー・アンド・シンパシーのディレクター、イアン・アンダーソン氏は、キャサリン妃が公の場から遠ざかり、噂が広がったため、最近キャサリン妃のことが心配になったと語った。 同氏は金曜日の発表は無理やりに思われたと述べた。

英国グロスターシャー州出身のアンダーソン氏は、「世論の圧力で彼らは何かを言わざるを得なかったのかもしれない」と語った。 「もし彼らがこの件についてオープンに話さなければならないのに、彼らがそれを望まないとしたら、それは残念なことだ。」

マイヤーズ・ポリドール女史と同様に、彼も以前にも見たような恐ろしい予感がしたと語った。

「私たちはダイアナ妃とともにこれまでにもこのようなことを経験してきました」と彼は言った。

マンハッタンに住む英国人のマイケル・ウェストさんは、2年前のエリザベス2世女王の死とチャールズ国王のガン宣告のことを思い出したと語った。

2番街の英国総領事館の前を通りながら、同氏は「まるで問題が3つに分かれているかのようだ」と語った。 「そして、その家族にとって今、おそらく数十の問題が起こっているようです。」

ウェスト氏は、チャールズ・ディケンズが亡くなった場所として有名なハイアムという村の出身です。 同氏は、キャサリン妃は王室の生まれではなかったが、ウィンザー家の一員としての役割にぴったりだったと述べた。

彼は家族について「私の家族や友人の間では、人々は彼らに満足していた」と述べ、「彼らは優雅に仕事をしている」と付け加えた。

ショーン・ピッコリ レポートに貢献しました。

READ  ブリトニー・スピアーズ、離婚中のサム・アスガリに犬を飼うことを拒否