12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カナダがFIBAワールドカップで日本に無敗で勝利したとき、カールトンは19ポイントを獲得しました

シドニー、オーストラリア — ブリジット カールトンは 19 ポイントを獲得し、カナダの女子バスケットボール チームは FIBA​​ ワールド カップで無敗を維持し、日曜日に日本に 70-56 で勝利しました。

勝利により、No. 4 カナダ (3-0) が準々決勝への出場権を獲得しました。

シェイ・コーリーが13得点、ラティシア・アミヘレが10得点、ケイラ・アレクサンダーが11リバウンドを記録した。

WNBA のミネソタ リンクスのフォワードであるカールトンも 6 回のリバウンドを記録しました。

高田真希選手が11得点を挙げ、オリンピック銀メダリストランキング10位(1勝3敗)の日本をリード。

カナダは次の月曜日にオーストラリア (2-1) と対戦し、火曜日にマリとの開幕戦 (0-3) を締めくくります。

カナダは最初の 4 分間は無得点でしたが、第 1 クォーター後半にリードを奪い、20-12 で第 2 クォーターに進みました。

日本は前半4:17にカナダのリードを3ポイントに減らしましたが、カナダ人は13-0ランでハーフタイムに41-25をリードしました。

カナダの息苦しい守備により、日本は前半 10 回のターンオーバーを余儀なくされました。

カナダは第 3 四半期も勢いを維持し、残り 1:19 のカールトンの 3 点シュートにより、カナダ人は第 4 四半期に向けて 61-39 のリードを獲得しました。

カナダはセルビアを 67 対 60 で下し、ワールドカップの開幕戦でフランスを 59 対 45 で下しました。

日曜日の早い段階で、オーストラリアはセルビアを 69 対 54 で下しました。

The Canadian Press によるこのレポートは、もともと 2022 年 9 月 25 日に発行されたものです。

カナディアン・プレス

READ  日本のアニメステージショーに参加するための4つ(実際には5つ)の重要な行動のヒント