12月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カタール・日本文化年を祝う展示会が東京で開催されます

ドーハ:カタールと日本の外交関係50周年を記念して、金曜日に東京で「カタールの対話-カタール日本文化年」というタイトルの展示会が開かれました。

開会式には、駐日カタール大使館のシェイク・ハマド・ナセル・ハマド・ハリド・アル・タニ代表が出席しました。 カタリの著名なアーティスト、ユスフ・アーメドと日本人のアーティスト、西垣隼人がデザインした28点の展覧会は、6月30日まで東京の人気の3331ArtsChyodaArtCenterで展示されます。

文化年2012年は、カタールと世界の間の相互理解、認識、感謝を促進するために、カタール博物館の社長であるシェイクアルマヤッサビントハマドビンハリファアルタニによって設立されました。 それ以来、過去10年間、英国、ブラジル、ドイツ、トルコ、インド、フランス、その他の国々と協力した文化年プログラムは目覚ましい成功を収めてきました。

カタール大使館長のシェイク・ハマド・ナセル・ハマド・ハリド・アル・タニがイベントを開会しました。

イベントの立ち上げとして、MATHAF:ニューヨーク近代美術館のキュレーター担当副所長であるAisha Al Misnat博士が展示会を主催し、次のように述べています。「紙の対話はカタールの10周年を記念する特別な展示会です。 文化はカタールと日本の50年の強い絆を祝います。 実際、日本は文化パートナーシップの最初の年であり、交換が始まった永続的な芸術的コラボレーションを示すこれらの素晴らしい一節を紹介できることを光栄に思います。 カタール博物館では、文化を組み合わせると美しいものが生まれると信じています。 このコラボレーションの結果として、展覧会はこの感覚の真のメタファーです。

「紙の対話」は、ユスフ・アーメドと西垣隼人の素晴らしいコラボレーションの結果であり、日本とカタールの製紙と手書きの文化的慣習の類似点を浮き彫りにしています。

アーメドとニシカキは、日本文化の歴史的象徴である日本のヴァシ生地と、アラビアやイスラム文化で祝福された木と見なされているカタリの木の葉から作られた小麦粉を混ぜ合わせました。 その結果、生きた媒体として機能すると同時に、2つの異なる文脈と文化のつながりを表すネオハイブリッド紙が生まれました。 各アーティストは、紙の署名の独自の解釈を使用して、2つの文化的伝統の相違点と類似点の両方を探求する独自の視覚的イディオムを作成します。

特別なエリアには、文化が融合したときに現れる美しさが含まれます。 ユスフ・アフマドが選んだコーランの詩、「私たちはあなたがお互いを知ることができるようにあなたを国と部族にしました」は、異なる国の間の良好な関係の重要性を明らかにしています。

選ばれた詩は、アートワークの中央にある円形の文と呼ばれ、西垣は彼自身の芸術的なスタイルで空間を飾ります。 イベントの象徴的なひねりの中で、結果として得られたアートワークは、「ジェリ・ディワニ」として知られるアラビア語の手書きスタイルと一致しました。

アーメドは1970年代にこの種のアラビア語の書き方を最初に実践しました。これは、偶然にもカタールと日本の関係の始まりを示しました。

READ  小さなガスメーター? 日本のカプセル玩具にはとてもカジュアルが最適です。