7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カカクコム:訪日外国人向け日本最大級のレストラン予約サービス開始

東京

タブロー*2日本最大級のレストラン検索・予約サイト「株式会社」は、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語に対応した訪日旅行者向けオンライン予約サービスを開始しました。 35,000店以上の飲食店が予約できる日本最大級のサービスです。

このプレスリリースにはマルチメディアが含まれています。 リリース全文はこちらからご覧ください: https://www.businesswire.com/news/home/20240626189960/ja/

予約の流れ (図: ビジネスワイヤ)

予約の流れ (図: ビジネスワイヤ)

*12024 年 6 月 26 日現在、社内調査に基づく。 訪日外国人向け最大級のレストラン予約サービス(即時予約)。

*2食べログは日本を代表するインターネット企業、株式会社カカクコムです。 搭載

食べログの訪日外国人向けオンライン予約サービス

訪日客の増加に伴い、レストランの検索・予約をより便利にご提供するため、英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語で予約が可能なオンラインレストラン予約サービスを導入しました。

※日本政府観光局によると、訪日外国人は2024年5月に300万人を超える(前年比60%増)と予想されています。

食べログのサービスの特徴は以下のとおりです。

  • 全国のレストランを場所、料理、予算、予約したい日時を指定して検索できます。

  • メニューや写真、日本人ユーザーが投稿した口コミなどの詳しい情報を参考にお店をお選びください。

  • カレンダー機能を使用して予約状況を確認し、Tableau 上で直接オンライン予約を行うことができます。

    ※ネット予約は現在セットメニューのみとなっており、クレジットカードの登録が必要となります。 また、パソコン利用料として1名様1予約につき440円(税込)がかかります。

「現在、日本は世界中からの旅行者に人気の旅行先であり、日本の食文化を体験したいと考えている旅行者も少なくありません。しかし、外国人旅行者とのコミュニケーションや予約ができるレストランが依然として不足しており、そのことが課題となっています。食べログの鴻池卓社長は、「日本の食メディアとして、日本各地の素晴らしいレストランを幅広く紹介することで、旅行者が日本の奥深い美しさを体験できるようサポートしたい」と述べた。ユーザーのオンライン予約を支援するサービスを提供します。 皆様の日本旅行がこれまで以上に充実したものとなることを心より願っております。

食べログの各国語版へのリンク:

– 英語: https://tabelog.com/ja/

– 簡体字中国語: https://tabelog.com/cn/

– 繁体字中国語: https://tabelog.com/tw/

– 韓国語: https://tabelog.com/kr/

*サイトへの継続的な変更と改善により、ユーザー インターフェイスとパフォーマンスが変更される場合があります。

食べログについて

食べログでは全国の飲食店情報を掲載しており、お店の情報やユーザーからの口コミ、写真をもとに自分好みのお店を選ぶことができます。 レストランに関する詳細な情報と非常に便利なユーザーインターフェースがユーザーから高い評価を得ています。 2024年3月時点で月間約9,350万人が利用する国内最大級のレストラン検索・予約サービスとなっている。

株式会社カカクコム (https://corporate.kakaku.com/?lang=ja)

1997年設立の株式会社カカクコム。 (TOKYO:2371) は、買い物支援サイト「カカクコム」、レストラン検索・予約サービス「食べログ」、総合業務など、さまざまなインターネットサービスを運営する日本のインターネット企業です。 検索サービス「Qiagin Box」。 同社は2024年4月に米国の求職者向け総合検索プラットフォーム「Jobcube」を開始した。

サービス概要: https://corporate.kakaku.com/company/service/?lang=ja

株式会社カカクコム

広報・投資家向け広報室

pr@kakaku.com

© ビジネスワイヤ株式会社

免責事項:
このプレスリリースはAFPが作成した文書ではありません。 AFP はその内容について責任を負いません。 このプレスリリースに関するご質問は、プレスリリース本文に記載されているお問い合わせ先/企業までお問い合わせください。

READ  日本のスタートアップ企業の月面着陸失敗は高度の計算ミスが原因と同社が発表