7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カウボーイズはケルビン・ジョセフをドルフィンズにトレードして元1巡目指名権を獲得

カウボーイズはケルビン・ジョセフをドルフィンズにトレードして元1巡目指名権を獲得

テキサス州フリスコ — ロスターカットの日、ダラス・カウボーイズは2020年1巡目指名CBノア・イグビノゲーンと引き換えに元ケンタッキー州出身の選手をマイアミ・ドルフィンズに送り込み、2021年2巡目指名CBケルビン・ジョセフを放出した。

ジョセフはダラスで2シーズンを過ごした後、火曜日に次のバブルに入ったが、そのポテンシャルを十分に発揮できず、通算タックル36回、パスブレークアップ4回、フォースファンブル1回を残してダラスを去った。

カウボーイズはジョセフを切る代わりに、マイナーに昇進をもたらすと思われる選手交換のビジネスパートナーを見つけることに成功した。 イグビノゲーンはオーバーン外で2020年ドラフトの1巡目で指名された後、マイアミで3シーズンの経験を積んでダラスにやって来た。 イグビノゲーンは3シーズンで先発出場5回、タックル29回、パスブレイク5回、インターセプト1回を記録した。

身長5フィート11、体重197ポンドのイグビノゲーンは、身体的な観点から見るとケルビン・ジョセフのまさに鏡であるが、イグビノゲーンの高校時代の国境を超えた枠内での限られた担当者経験は、ダラスの晩年におけるジョセフ・ニッケルの存在とは異なっている。 そして、ジョーダン・ルイスは早ければ2023年にも獲得できると予想されており、この動きはルイスの今後の能力に対する自信を示している。

イグベノゲニはジョセフと同じような道をたどってダラスにやって来ましたが、景色を変えることは、新しい目的地で二人にとって利益となるでしょう。

READ  ホルヘ・マッテオを叩くと、ホワイトソックス・オリオールズが避難します