6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オーストラリアの不動産価格はGDPで日本の1989年の住宅地を上回った

オーストラリアが1989年以来ひどいマイルストーンを超えた後、ABCの募金活動者であるアランコーラーは「ひどい」住宅チャートを共有しています。

ABCファイナンスのホストであるアランコーラーは、オーストラリアのホームバブルを説明するために「ひどい」チャートを共有しました。価格は、日本の現在の状況と比較して、「失われた10年」で70%下落しました。

「オーストラリアの住宅価格を見る最後の恐ろしい、気のめいる方法」とコーラーは水曜日のセクションの終わりに言った。

「GDPに占める割合として、オーストラリアのすべての住宅地は、1989年に日本のすべての土地よりも価値があります。これは、史上最大のバブルの1つであり、史上最大の事故の1つです。」

「しかし、今回はもちろん違うだろう」と彼は付け加えた。

日本の不動産バブルの間に、住宅地価比率は330パーセント以上の過去最高に達しました。

ラザロアセットマネジメントのフィリップホフリン博士は、次のように述べています。 言った Livewire市場 今週。

「確かに日本ではうまくいきません。」

ホフリン博士はまた、米国の世界的な金融危機以前の時期に、不動産価格はGDPの60パーセントに相当するまで上昇したと述べました。

「まあ、私たちは3年間で怠惰な100パーセント余分なことをしました」と彼は言いました。

「住宅価格は過去3年間で2.5兆ドル上昇し、今年初めには10兆ドルに達しました。これは、国内の他のどの不動産よりも小さいことがわかります。

日本は1980年代初頭に大幅な上昇を経験し、株式と不動産の価値が爆発的に上昇し、不動産価格は「中央銀行が緩いため、信用が容易で投機が広まった」と非難されました。 AVATtradeの仕様による

土地と不動産の価格は1985年から1990年の間に170%近く上昇しましたが、株価は1987年から1990年の間に2倍になりました。

1989年後半、日本銀行(日銀)が暴走する価格を抑えるために金利を大幅に引き上げ始めたとき、バブルは崩壊しました。

「失われた10年」と呼ばれる1991年から2001年までの経済停滞につながった。

日本の株式市場は1989年から1992年の間にその価値の60パーセントを失いました。

株式の流血にもかかわらず、1991年にようやく下落し始めた不動産価格の下落により、日銀は急騰を続けた。

1991年6月、日銀はすぐに方向転換し、再び金利を引き下げ始め、翌年、日本政府は一連の大規模で最終的には効果のない刺激策を開始しました。

しかし、それまでには手遅れでした。経済はすでに下向きのスパイラルに陥っていました。

日本の信用収縮は、日銀が設定した金利が下がったにもかかわらず銀行が貸し出しを減らしたことと、現金の罠、家計、投資家がお金を握っていたことによるものです。

土地と財産は何十年にもわたって減少し続け、最終的には 70%減少します 2001年までに。 日経平均株価は、1989年末の40,000未満から、2003年8月には8000ポイントを下回りました。

RBAがショックの増加をもたらすため、資産は減少しています

オーストラリア準備銀行 ショックを受けた市場 公式の当座比率は0.85%になり、火曜日の予想から50ベーシスポイント上昇しました。

それはオーストラリアの後に来ました 住宅価格は最初の下落をマークしました CoreLogicによると、2020年9月以降5月には0.1%減少しています。

年間の価格上昇は、6か月前の24%から14%に減速しました。

多くの銀行はすでに2023年末までに5%と15%の下落を予測していますが、火曜日の衝撃的な行動は、価格が25%も下がる可能性があると一部の専門家に警告しました。

news.com.auへの書き込み、 デビッドレベリン-スミスとリースフォン温泉 から マクロビジネス 今週末以前は、ほとんどのエコノミストは来年半ばまでにキャッシュレートが2.5%になると予測していた。

彼らは現在、7月にさらに50ベーシスポイント上昇すると予測しています。

先物市場はRBAの現金比率を上げると予測されています 2023年5月までに3.5パーセント

「利上げを受けて住宅ローン需要と消費者信頼感の両方が急激に低下するため、RBAエコノミストは、市場を予測するどころか、住宅価格が積極的に上昇した場合、住宅価格を押し下げるリスクを冒している」と述べた。

「将来の市場予測では、OCRの3.5%が住宅市場を「クラッシュ」させ、実際の住宅価格は実質ベースで約25%、RBAモデリングでは名目ベースで30%以上下落すると予測されています。」

[email protected]

関連トピックを読む:生活費準備銀行
READ  日本の新築住宅は3年ぶりに増加し始める