10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オーストラリアから日本に貨物を輸送する世界初の水素タンカー

日本の川崎重工業(KHI)は、SuisoFrontierと呼ばれる水素キャリアを開発しました。

沿って HTオートデスク
|
更新しました:
2022年1月24日午前11時56分

スズキフロンティアとして知られる水素キャリア。

世界初の液体水素運搬船は、褐炭からメルボルン近郊の水素生産地域、日本の神戸まで、日系オーストラリアのイニシアチブの最初の貨物を運ぶ準備ができています。

日本の川崎重工業(KHI)が製造した水素を動力源とする運送業者であるSuiso Frontierは、悪天候や荒波を避けたいと考えていた所有者が16日間の制限を超えて旅行したため、先週神戸に到着しました。 イニシアチブのうち、水素エネルギーサプライチェーン(HESC)。

3億6000万ドルのプロジェクトとKHI主導のイニシアチブは、よりクリーンなエネルギーと炭素排出量の削減に向けた取り組みとして、日本政府とオーストラリア政府によって支援されています。 昨年、褐炭から水素を抽出するプロジェクトが始まりました。 このグループは、メルボルンの東135kmにあるビクトリア州のラトロップバレーにある実証プラントで1日あたり70キログラムの石炭を処理しました。

(続きを読む| 世界初の自律型電気コンテナ船が導入されました)。

水素は、石炭と酸素および蒸気との高熱高圧下での反応によって生成され、その過程で二酸化炭素が生成されます。 パートナーは、プロジェクトを年間225,000トンに拡大し、その過程で放出された二酸化炭素をビクトリアの海の下に埋めて、カーボンニュートラルな水素を生成することを計画しています。

このプロジェクトのパートナーには、日本の電力開発株式会社(J-Power)、イヴァタニ株式会社、丸紅株式会社、住友商事、オーストラリアのAGLエナジー株式会社が含まれます。これらの鉱山は褐炭を供給しています。

(続きを読む| この電動サーフボードは大きな波を発生させます。 ほとんど本当に)。

事業業界では、電化と温室効果ガス排出量を削減するためのよりクリーンな燃料の使用に関して急速な変化が見られます。 昨年、ノルウェーの企業は、世界初の非排出型自律貨物船はヤラバークランドであると主張しました。 それはヤラインターナショナルと呼ばれる化学会社によって開発されました。

(ロイターエントリーあり)

最初の公開日: 2022年1月24日、午前11時56分IST

READ  日本に接近するナバルダックは地滑りを引き起こす可能性がある