5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オリンピック-北京オリンピックでは、抱擁は推奨されませんが、コンドームは利用可能です

Yew LunTian著

北京(ロイター)-北京オリンピックの主催者は、大会が行われる「閉ループ」内でのCOVID-19の蔓延を抑制することを目的とした詳細な社会的距離のガイドラインにもかかわらず、アスリートがコンドームを利用できるようにするという伝統に追いついています。

主催者は火曜日にロイター通信に対し、「オリンピック関連のすべてのユニットは、チェックインしてループ内に留まっている人々に、適切な時間に適切な量のコンドームを無料で提供する」と語った。

ゲームは2月から開催される予定です。 北京と近くの張家口市の4-20は、アスリートや他のゲーム関係者を一般の人々から厳しく隔てるバブルの中にあります。

閉ループ内にあるGuizhouHotelにチェックインしたジャーナリストは、各部屋に5つの個別に包装されたコンドームを見つけました。 ちょうちんをイメージした色とりどりの封筒に個別に詰められていました。

主催者は、配布するコンドームの数をすぐには発表しませんでした。

ゲーム関係者向けのCOVID-19対策に関するプレイブックでは、アスリートは、抱擁、ハイタッチ、握手などの物理的な相互作用を最小限に抑え、他の競技者から少なくとも2メートルの社会的距離を維持するように指示されています。

昨年夏の東京オリンピックに先立ち、主催者は約15万個のコンドームを配給する予定であるが、社会的距離のルールとコロナウイルス対策のため、選手村で使用するのではなく、家に持ち帰るように指示した。

1988年のソウルオリンピック以来、HIVとエイズの意識を高めるために多数のコンドームが大会で配布されており、東京の主催者は国際オリンピック委員会が継続的な配布を要求したと述べた。

(Yew Lun Tianによる報告、TonyMunroeとEdOsmondによる編集)


コロナウイルス病(COVID-19)の蔓延を防ぐために設計された閉ループ「バブル」内のメディアホテルによって提供されたコンドームは、2022年1月25日に撮影されたこのイラスト写真で中国の北京での2022年冬季オリンピックの前に見られます.REUTERS / Tyrone Siu /イラスト

閉ループ内のメディアホテルが提供するコンドーム
コロナウイルス病(COVID-19)の蔓延を防ぐために設計された閉ループ「バブル」内のメディアホテルによって提供されたコンドームは、2022年1月25日に撮影されたこのイラスト写真で中国の北京での2022年冬季オリンピックの前に見られます.REUTERS / Tyrone Siu /イラスト

(c)Copyright Thomson Reuters2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本は2030年までに40%の新しいクリーンエネルギー目標を設定します