9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オリンピック-バレーボール-日本のコカ・コーラは、チームワークがドミニカ人を倒すと言います


東京2020オリンピック-バレーボール-女子プールA-日本v韓国-アリアックアリーナ、東京、日本-2021年7月31日。大会中の日本のセレナコカロイター/バレンティンオギレンコ

大林優香

東京(ロイター)-女子バレーボール準々決勝に出場するために勝たなければならないプールゲームで強大なドミニカ共和国を克服することは日本にとって高い使命ですが、セレナコカがチームとしてプレーすれば進歩できると信じている人を信頼してください。

日本は金曜日に韓国が5セットの大敗を喫した後、プールAで5位になり、4位で最終予選を通過したドミニカ人に1ポイント差をつけています。

カリブ海のチームには、身長1.90メートルを超える選手が何人かいます。 プールリーダーがブラジルに対して24ポイントを獲得したとき、2.01メートルで最も高い打者である点字マルティネスは最高の状態でした。

コカは日曜日に記者団に、「明日はチームとして一緒に働くことが非常に重要だと思う。小さな選手がいる日本のチームは、背の高い選手がいる大きな外国のチームと対戦するのは難しいだろう」と語った。

「たった一人で頑張らなければならないという意識をチーム全体で共有できればいいと思います。チーム全体で頑張らなければなりません。

「対戦相手はみんな素晴らしい国なので、勝つための簡単なゲームはありません。しかし、チャンスは常にあります。これらのチャンスをつかむことができれば、私たちは他のチームと同じくらい強いと思います。」

コカは足首の負傷に苦しんでいたが、韓国に対して27ポイントで高得点を記録し、キャプテンの荒木絵里香は彼のエネルギーが伝染性であると語った。

「昨日彼女と戦ったとき、彼女の体から来るすべての感情を感じることができ、コートでそれらを感じることができた」と荒木は言った。 「私たちは非常に多くのエネルギーで戦ったので、勝てなかったのは残念でした。

「私たちは東京オリンピックで持っているすべてのものを与え、それのために戦うでしょう。私たちはチームとして一生懸命働かなければなりません。」

日本の中田久美監督は、彼の選手は最終的なプールゲームのために彼らの「心」を正しくする必要があると言いました。

「私たちは東京オリンピックに向けて5年間準備をしてきましたが、アスリートはすべての試合でできる限りのことをしていると思います」と長田氏は語った。

「でも、負けがひどかったので、精神的にとても大変でした…これは非常に重要なゲームであり、意味のあるゲームになるでしょう。選手たちがこれまでやってきたことを勇気を持ってやってくれることを願っています。」

(バンガロールのRohit Nairによって書かれ、Pritha Sarkarによって編集されました)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  Bitcoin Vault(BTCV)とESEがSkillzVault、最高のアマチュアゲーマーを探す「X-Factor」を開催