9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オリンピック-バスケットボール-日本の女性が東京で初勝利を収めてフランスを破った

クリスギャラガー脚本の作品

日本、埼玉(ロイター)-日本は火曜日にフランスを74-70で下し、東京オリンピック女子バスケットボールトーナメントの最初の試合をディフェンシブディスプレイと執拗な3点シュートで制した。

フランスは、ホストがダブルスと3チームでボールハンドラーを捕らえたため、攻撃に立ち向かうのに苦労しました。一方、日本はフランスの守備的敗北を利用して、最後のクラッチスリーポイントラインを落としました。

フランス人は、ナコカモイコが日本を72-68に上げ、残り29秒で3ポイントを獲得した最後の分の直前の第4四半期に走った後、短いリードを取りました。

日本では、なこか、高田真希、林ざきなど、2桁で3点を獲得。

Sandrin Crudaは18ポイントでフランスをリードし、9回のリバウンドを獲得しました。

日本のトーマス・ハワス監督は、37分近くプレーした高田を最優秀選手に選んだ。

「私は彼女に、彼女が通常プレーする時間を超えて行くように頼んだ」とハワスは言った。

「彼女のディフェンシブなローポジションはユニークだった。クルダは後半は素晴らしいものだったが、すべてのショットは競争力があった。パスでもドロップショットでもなかった。彼女にとっては大変だったし、私たちは彼女にとってもとても大変だった」

日本の宮崎ソリは、彼らの積極的な防衛ゲーム計画にとって重要であると述べた。

「拘留に関しては、フランスの選手よりもはるかに小さい。防衛は長い間日本のバスケットボールの大きな部分を占めてきた。今日勝ったことをうれしく思う」と彼は語った。

日本人は、第4四半期の5つを含む、11の3つのポインターをヒットしました。これは、フランスの21%に比べて、41%遅れています。

フランスのヴァレリー・ガルニエ監督は、「日本のこのチームは、ディフェンスを間違えるたびに、3つのポインターを放ち、スコアを獲得する」と語った。

グルダは欲求不満を隠すことができず、チームをトライパッセージに呼びました。

「彼らは私たちよりも多く戦うので、彼らは勝つに値すると思います」と彼は言いました。 「ごめんなさい」

オリンピックでメダルを獲得したことのない日本は、米国と対峙する次の大国です。 2012年に銀メダルを獲得したフランスはナイジェリアと対戦します。

(この話は、明日の日本の次のゲームの最終通過である金曜日に合わせて調整されます)

(ChrisGallagherによるレポート; Stephen Coatesによる編集)

READ  オムロクサマ寺院-ドーサ、日本