7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オランダ政府、亡命手続きで合意に達せず辞任

オランダ政府、亡命手続きで合意に達せず辞任

同国の最長在任期間であるマルク・ルッテ首相の辞任は、同国が今年後半に総選挙に直面することを意味する。 ルッテ氏とその内閣は、新たな連立政権が選出されるまで暫定的に政権に留まる。

オランダ政府は金曜日、移民をどのように抑制するかという四党連合内の和解できない意見の相違を理由に崩壊した。この問題はヨーロッパ全土を分断している。

同国の最長在任期間であるマルク・ルッテ首相の辞任は、同国が今年後半に総選挙に直面することを意味する。 ルッテ氏とその内閣は、新たな連立政権が選出されるまで暫定的に政権に留まる。

ルッテ氏はハーグで記者団に対し、「連立相手国が移民政策に関して全く異なる見解を持っていることは周知の事実だ」と語った。 そして今日、残念なことに、私たちはこれらの違いは和解できないと結論付けなければなりません。 だからこそ、私はただちに政府全体の辞任を書面で国王に提出するつもりである。」

野党議員らはルッテ氏が辞任を正式に認める前から、時間を無駄にせず再選挙を呼びかけた。

反移民の自由党党首ガート・ワイルダース氏は「早く選挙を」とツイートした。 政治的立場を超えて、緑の左翼指導者ジェシー・クラベール氏も選挙を呼びかけ、オランダの放送局NOSに「この国は方向転換が必要だ」と語った。

ロタ氏は水曜と木曜に深夜の会合を主宰したが、移民政策に関する合意は得られなかった。 金曜夕方の最終協議の一つで、両党は合意できず、その結果、連立政権に留まることはできないと全会一致で決定した。

この決定は、強硬な移民抑圧を支持しない政党(D66と中道派クリスティノーニ(キリスト教同盟))と、より強硬な行動を支持する政党との間に、わずか1年半前に連立政権が宣誓された日以来存在してきたイデオロギーの分裂を浮き彫りにした。 保守党の自由と民主主義のためのルッテ人民党とキリスト教民主党。

紛争から逃れたり、より良い生活を求めて北アフリカから大陸に到達するために海を渡る移民たちがいる中、欧州の他の地域でも同様の議論が政治的分断を越えて展開されている。 ウクライナでの壊滅的な戦争からも何十万人もの人々が避難しています。

移民問題は来年の欧州連合議会選挙の中心議題となる予定だが、オランダではこの問題が早くから浮上しており、同国は国際的な協力を歓迎するか外国の影響に対する抵抗を強めるかの間で長い間引き裂かれていた。

ルッテ同盟は、人口約1800万人の同国への新たな移民の流れを阻止するための合意に向けて数カ月間努力してきた。 伝えられるところによると、この提案には、紛争から逃れる人々のための一時的なものと、迫害から逃れようとする人々のための永続的なものという2つのカテゴリーの亡命を創設することと、オランダで亡命希望者に加わることを許可される家族の数を減らすことが含まれていた。

昨年、オランダに到着する人の数が利用可能なベッドを上回ったため、何百人もの亡命希望者が過密な受付センター近くの劣悪な環境で屋外で寝ることを余儀なくされた。 オランダの援助機関が支援を提供した。

同国の統計局によると、2022年にオランダで亡命を申請した欧州外出身者は2万1500人強だった。 さらに数万人が仕事と勉強のためにオランダに移住しています。

この数字は、人口密度の高いこの国ではすでに不足していた住宅に圧力をかけている。

ルッテ政権は地方自治体に新たに到着した亡命希望者に宿泊施設の提供を義務付ける法律の制定に取り組んできたが、法案はまだ上下両院を通過していない。

首相はまた、27か国圏への移民を遅らせるためのEUの取り組みを強化した。 ルッティ氏は先月、イタリアの同国人および欧州連合執行委員会委員長とともにチュニジアを訪問し、北アフリカの国のぐらつく経済を救い、沿岸部から欧州への移民を阻止するために10億ユーロ以上の資金援助を申し出た。

ルッテ氏が率いて4度目となる連立政権は、オランダ政治史上最長の連立交渉を経て2022年1月に政権を獲得した。

今年後半に行われるオランダ議会の下院選挙は、二極化して分裂した政治情勢の中で行われ、定数150の下院には20の政党が存在する。

今年初めの州選挙では、親農民派のポピュリスト政党がルッテ氏の党を第2位につけた。 この敗北は、ルート氏が任期が終了する2025年まで連立政権を維持するために全力を尽くす潜在的なきっかけになると見られていた。

連合は、人口約1,800万人のこの国に新たに流入する移民の流れを阻止するための合意に達するために何か月も努力してきた。 伝えられるところによると、この提案には、紛争から逃れる人々のための一時的なものと、迫害から逃れようとする人々のための永続的なものという2つのカテゴリーの亡命を創設することと、オランダで亡命希望者に加わることを許可される家族の数を減らすことが含まれている。

ルッテ首相の党員であるディラン・イェシェルゴス・ジゲリオス法務大臣は、「我々は長い間この問題に取り組んできており、すべての情報がテーブルの上にある。我々は何かを達成できるかどうか一緒に検討しなければならない」と述べた。最新の会談。

同国の統計局によると、2022年にオランダで亡命を申請した欧州外出身者は2万1500人強だった。 さらに数万人が仕事と勉強のためにオランダに移住しています。

この数字は、人口密度の高いこの国ではすでに不足していた住宅に圧力をかけている。

ルッテ政権は地方自治体に新たに到着した亡命希望者に宿泊施設の提供を義務付ける法律の制定に取り組んできたが、法案はまだ上下両院を通過していない。

首相はまた、27か国圏への移民を遅らせるためのEUの取り組みを強化した。 ルッティ氏は先月、イタリアの同国人および欧州連合執行委員会委員長とともにチュニジアを訪問し、北アフリカの国のぐらつく経済を救い、沿岸部から欧州への移民を阻止するために10億ユーロ以上の資金援助を申し出た。

ルッテ氏が率いて4度目となる連立政権は、オランダ政治史上最長の連立交渉を経て2022年1月に政権を獲得した。

READ  カブールの大学教授が、タリバンによる女子教育禁止に抗議して生放送で卒業証書を引き裂く