10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オムロクサマ寺院-ドーサ、日本

上に移動 猫の寺院、 それでおしまい 市内の新しい動物。 外から見ると、ドーサの高知県にあるこの小さなお寺は特に特別なものではなく、日本中の何千もの地元のお寺に似ています。 しかし、低いトーリーゲートの下に入ると、「緑になるのは簡単ではありません」のように、緑の世界に押し込まれます。

寺院は、地元の農民がハリケーンの後で彼の畑に小さな神社を見た1899年以前にさかのぼると考えられています。 彼はそれを掘り起こし、家に帰った後、納屋の下に置きました。 しかし、彼の家族はす​​ぐにいぼやその他の不快な皮膚病に苦しみました。 彼の創意工夫の終わりに、男はアドバイスを求めて別の有名な神社に行きました。 神職に問題を説明したところ、小さな神社の神様が別の場所に置きたいと言われました。

不幸な気分を和らげるために、農夫は1901年に神聖な物体に神社を建てました。 家族全員が新しい寺院で敬意を表して祈り始めたとき、彼らのいぼと皮膚の問題はすべて奇跡的に消え始めました! 刻まれた神は疣贅の治療者として知られており、全国から慰めの探求者を引き付けます。

感謝の気持ちを込めて、カエルをテーマにした贈り物を神に残し始めました。これは、両生類のいぼのような皮膚に触発された可能性があります。 聖域の隅々にカエルの像、ぬいぐるみ、画像が詰め込まれ、たくさんの幸せで武装していない人々がはっきりしています。 見事なリアルな磁器の置物から漫画、愛するカエルまで、訪問者はカエル(およびヒキガエル)のテーマのバリエーションの量に驚かれることでしょう。

カエル愛好家(そしていぼの被害者)は、ニョド川に向かう途中で立ち寄ったり、近くの春野の有名なアジサイを訪れたりすることができます。

READ  テニスのためのNippon.com-全米オープンデー