11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オミグロンは航空業界への信頼を回復します


ファイル写真:成田国際空港の出発ホールの密室で、東京東部の成田で新しいコロナウイルスオミグラン変異体の拡散を防ぐためのCOVID-19セキュリティ対策の発表。 、2021年11月30日。ロイター/キム・ギョンフン/ファイル写真

ジェイミー・フライド、アリソン・ランバート、ラジェッシュ・クマール・シン

(ロイター)-オミグロンコロナウイルスの亜種によって引き起こされた新しい渡航禁止令は、国際線の新しいフライトを後退させ、一部の地域で遅延と頭痛を引き起こしている、と空港と空港当局者は言った。

新しいテストルールと国境閉鎖は、重要なクリスマス旅行シーズンに先立って懸念を引き起こしましたが、一部の航空会社の所有者は、どんな後退も短命であると信じています。 世界の航空会社は、2020年までにCOVID-19の流行に関連した急激な損失を受けて利益を取り戻すために不可欠な、海外旅行の需要の低迷に関する規則の変更に取り組んでいると非難されています。

アメリカン航空の次期最高経営責任者であるロバート・イソム氏は、テキサスを拠点とする航空会社の利益への復帰は、旅行需要の本格的な回復であり続けるだろうとロイターに語った。 アメリカは、米国の航空セクターで最大の債務シェアを持っています。

「どちらかといえば(途中で)、それは回復を遅らせる」と彼は言った。

同氏は、航空会社の国内事業は堅調だったが、新たな渡航禁止令により一部の国際市場での需要が減少したと述べた。

航空会社の在庫は先週の売却に続いて幾分回復した。 投資家は、新しい亜種が当初恐れられていたほど危険ではないかもしれないという出来事の証拠に心を奪われていますが、流行の過程への影響を理解するのに数週間、場合によっては数ヶ月かかることがあります。

国連は航空と観光を専門としています火曜日の機関は、重罪の刑事上のいたずらの1つのカウントに無罪を認めた。

日本は外国人を禁止しており、米国へのフライトの24時間前にCOVIT-19検査を義務付けており、シンガポールに旅行する乗客の到着後7日間は毎日チェックする必要があります。

シンガポール航空のBudgetOffshootのCEOであるCampbellWilsonは、シドニーの市場情報機関であるCAPA Center for Aviationが主催するイベントで、次のように述べています。

「その後、一時停止が見られた」とウィルソン氏は付け加えた。

航空会社や旅行代理店は、ワクチン接種率の上昇と新薬が違いを生むと信じています。

ブッキング・ホールディングスの最高経営責任者であるグレン・フォーカル氏は、「これは2020年の春ではない」と述べた。

しかし、予約テクノロジー企業であるトラベルポートのアジア太平洋地域の責任者であるスー・カーター氏は、検索数が週ごとに減少するのを見たと述べ、乗客の信頼は政府の発表と密接に関連していると付け加えた。

刻々と変化するルールは混乱を招きます

業界団体である国際空港評議会(ACI)ワールドのスポークスマンは、旅行規則の世界的なパッチワーク空港慣行に異議を唱え、国間のより良い調整を求めています。

カルガリー国際空港では、米国以外の国からのすべての乗客を最終的にスクリーニングするというカナダの計画は、先週発売される前よりも長くなっている、と空港のスポークスマンは語った。

カナダの公衆衛生局は、コメントの要求にすぐには応答しませんでした。

先週米国の空港を出てモントリオールに向かったロイターの記者は、72時間以内にCOVID-19検査を要求することからカナダに帰国するカナダ人の乗客を免除する最新情報を航空会社に繰り返し通知しなければなりませんでした。

エア・カナダの顧客サービス労働者を代表する組合であるユニフォーのレスリー・ディアス氏は、オミグロンの発見後に導入された規則は、一連の「絶え間ない変化」の最新のものであると述べた。 オーストラリアでは、シドニーとメルボルンへの完全にワクチン接種された旅行者は、到着後72時間、自宅またはホテルで隔離されなければなりません。 分離しないという以前の方針により、ハワイアン航空は今月の最初の5週間に、当初の3週間の計画ではなく、ホノルル-シドニーのフライトを追加したと、最高経営責任者のピーター・イングラムは述べています。

QantasAirwaysのCEOであるAlanJoyceは、Omigranが再導入された場合、72時間の隔離要件がなくなることを望んでいると述べました。 アジア・パシフィック航空協会のスバズ・メノン長官は、オミグランについて次のように述べています。

(シドニーのJamie Fried、モントリオールのAlison Lambert、シカゴのRajesh Kumar Singh、トロントのAnna MehlerPaperniとオタワのJulieGordon、Jerry Doyle、Will Dunham、Sonia Hepinstallの編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本の裁判所は、強制避妊の犠牲者に初めて補償を与えました| 日本