6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

エリクソンは日曜日の練習で時速235マイル以上のスピードを出した

エリクソンは日曜日の練習で時速235マイル以上のスピードを出した

前回のインディ500勝者は、インディアナポリス・モーター・スピードウェイからの2.5マイルのマイルを38.1854秒で破り、予選再開前の最終ラップで今週の最速練習タイムを記録した。

AJフォイト・レーシングのサンティノ・フェルッチは、完璧な気象条件と昨日よりもはるかに弱い風の中、ボックスから出てすぐに時速234.972マイルで序盤のペースを設定した。

フェルッチはその後、4周平均時速234.649マイルを記録してポールポジションを獲得し、「必要なものは得られたと思う。それは明らかだ」と語った。

アレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)は、コース上でチームメイトの佐藤琢磨から10秒以内を走行していたにもかかわらず、1周の速度を時速235.609マイルで上回った。 しかし、彼のクワッドライドはフェルッチよりも約0.2マイル遅かった。

「大きな足かせだ」とバロウ氏は認めた。 「クルマのバランスは非常に安定していましたが、最終ラップのターン3で大きなミスをしてしまいました。」

その後、バルーは、スリップストリームを利用して時速235.692マイルを記録したチームメイトのエリクソンに追い出された。 佐藤は時速235.121マイルで3番手でフィニッシュしたが、ダウンフォースをかける際に車をアンダーカットしすぎてしまい、ファイナルラップでスロットルを安定させ続けることができなかった。

エリクソンも「クルマは本当に良くて、本当に速いが、フィニッシュスプリントに苦労している」と認めた。 「最終ラップのターン1でベイルアウトしなければならなかったので、そこに取り組むだけです。」

Benjamin Pedersen、AJ Foyt Enterprises シボレー

写真: マイケル L. レビット / モータースポーツの写真

牽引なしのファステストラップは、フォイトの新人ベンジャミン・ペダーセンが時速235.793マイルを記録し、スコット・ディクソン(クワッド走行を中止)の時速234.958マイルを上回り、総合4位に入る好記録となった。

「こんなに速いとは思わなかった、聖なる牛よ!」 ペダーセンは叫んだ。 「それはミサイルです。言葉を失います。」

アロー・マクラーレンのパト・オワードは時速234.826マイルで7位にとどまったが、4周の平均チャートでは時速234.190マイルでフェルッチとパロウに次ぐ3位となった。

「とても良かった。かなりのアンダーステア​​があった」とオワードは語った。 「今日は風も少なく、トラックは本当に速い。フロントウイングでは少し恥ずかしがり屋だが、良い読みだった。」

リナス・ヴィーケイは、エド・カーペンター・レーシングのシボレーエンジン搭載車の後部から煙と火花が噴き出すトラブルに見舞われ、12分間の走行後にイエローカードが出された。 彼はコースアウトし、彼のチームは今後、車両が撤収されてから2時間以内に予選に間に合うように準備を整えるよう努める予定だ。

「4周目は頑張っていたが、クルマは良かった」と彼は語った。 「少し異音がして、速度が落ちた。完璧ではない。でもクルマは間違いなく速い」。

ビチャイは8位で、マクラーレンのアレクサンダー・ロッシ、ペンスキーのウィル・パワー、土曜日のクリエイターのフェリックス・ローゼンクヴィストが続いた。 トニー・カナーンはマクラーレンの4度目のエントリーを不起立で選出した。

インディ500のファスト12予選は現地時間午後2時に始まる。

こちらもお読みください:
READ  マーティン・トゥルーエックス・ジュニアはジョー・ギブス・レーシングに、2023シーズンに戻ると語った。