5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

エネルギー輸入の増加により、日本は予想以上に大きな貿易ギャップを記録している

2017年1月16日に横浜の工業港で発見されたコンテナ。 ロイター/キム・ギョンフン

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

  • 2月の輸出は予想よりもゆっくりと上昇している
  • 輸入は予想よりも早く増加します
  • 2月の貿易赤字は6,683億円

東京、3月16日(ロイター)-日本は月曜日に、世界第3位の経済に打撃を与える可能性のある追加輸入のコストの増加により、2月に予想されたよりも広範な貿易赤字を報告した。

中国への輸出は予想をわずかに下回りましたが、中国への輸出は再び増加しました。これは、世界的な供給制裁とロシアのウクライナ侵攻により不透明感が高まっている経済への懸念の兆候です。

大蔵省のデータによると、2月の輸入は前年比34.0%増で、ロイターの調査で28.0%上昇したという平均市場予測を上回った。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

これは2月の輸出が前年比19.1%を超え、ロイターの世論調査で予想された1,126億円の赤字を上回る6,683億円(56.5億ドル)の貿易赤字となった。

しかし、2月の赤字は1月のギャップである2.19兆円を下回り、1か月で8年間で最大となった。

地域別では、日本の最大の貿易相手国である中国への輸出は、前月の年末年始の縮小に続き、強力な半導体機械の輸出を行った後、12か月で25.8%増加した。

世界最大の経済国である米国への輸出は、自動車と半導体の強力な輸出により、2月に16.0%増加しました。

政府は先週、日本経済は2021年の最終四半期に当初の予想よりも低く回復しており、個人消費と企業支出の成長は鈍化していると述べた。 続きを読む

第4四半期の成長率の低下は、ウクライナ危機が世界経済の見通しを曇らせているため、弱い回復を維持するという任務に従事している政策立案者にとっては悪いニュースです。

($ 1 = 118.2800円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

DanielLusinkによるレポート。 サムホームズによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本のウクライナ首相が中国を中心に東南アジアへの旅を始める