10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウッドサイドと日本のパートナーは、オーストラリアから日本への低排出燃料アンモニアサプライチェーンを確立するための実現可能性調査を実施します

ウッドサイドと日本のパートナーは、オーストラリアから日本への低排出燃料アンモニアサプライチェーンを確立するための実現可能性調査を行っています。

株式会社ウッドサイドエナジー(「ウッドサイド」)、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(「ヨクメック」)、丸紅株式会社(「丸紅」)、北陸電力株式会社(「北陸電力」)、関西電力株式会社. . 関西電気株式会社、東北電力株式会社 (「東北電力」)、北海道電力株式会社 (以下、北海道電気)は、共同研究契約を締結しました。 オーストラリアから日本への低排出燃料アンモニアのサプライチェーン(「プロジェクト」)を確立するための実現可能性調査(フェーズ2)を実施します。

アンモニアは、燃焼時に二酸化炭素 (CO2) を排出しないため、エネルギー集約型の火力発電所や船舶エンジン向けの次世代の低排出燃料と見なされています。

アンモニアの生産、貯蔵、輸送に関する既存の実証済みの技術を考慮すると、低排出燃料として早期に採用されることが期待されます。

さらに、2021 年 10 月 22 日に発表された第 6 次エネルギー戦略計画では、アンモニア燃料発電は、燃焼時に CO2 を排出しないため、2050 年までにカーボン ニュートラルを達成するためにエネルギー源を脱炭素化するための最も有望なオプションの 1 つであると述べられています。 ボイラーや脱硝設備など既存の発電設備の多くをそのまま流用する。

昨年、ウッドサイド、JOGMEC、丸紅、北陸電気、関西電力は、オーストラリアで天然ガスから低排出アンモニアを生産するための炭素回収貯留(CCS)を含むサプライチェーン全体の実現可能性調査を実施しました。 炭素の回収と利用 (CCU) 1 、および生物隔離。 日本への海上輸送; 発電および海洋用途の燃料としてのアンモニアの使用。 そして金融。

昨年の調査では、両当事者は、経済と CO2 排出削減の観点から、サプライ チェーンの確立の実現可能性に対処しようとしました。

プロジェクトの第 2 段階の一環として、新たに参加した東北電力と北海道電力を含む 7 者が、低排出燃料の導入の実現可能性について、より詳細な実現可能性調査を実施します。 アンモニア 前年度に実施したフィージビリティスタディの結果に基づくサプライチェーン。

プロジェクトに参加するすべての関係者は、オーストラリアと日本の脱炭素化を支援するために、オーストラリアと日本の間の低排出燃料アンモニアサプライチェーンを確立するためにすでに実施されている研究を継続します。

オーストラリアから日本への低排出燃料アンモニアサプライチェーンを確立するための実現可能性調査(フェーズ2); 2022 年 9 月 15 日

READ  中国は日本への核兵器に対する米国の需要を抑制している| 日本