6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウクライナ軍、NATO訓練で「準備不足」のまま放置:報告書

ウクライナ軍、NATO訓練で「準備不足」のまま放置:報告書

2017年4月29日、ウクライナのヤヴォリブ近くの訓練センターで手榴弾訓練中のウクライナ兵士に説明する教官。
オクラホマ州陸軍州兵 / 軍曹アンソニー・ジョーンズ

  • NATOの訓練を受けたウクライナ軍はロシアとの戦争の準備ができていないと述べた。
  • 彼らの西側の調教師たちはこの種の戦争を戦った経験がないと述べた。
  • 西側軍は近年、中東での反乱軍との戦いに注力している。

報告書は、NATOの訓練を受けたウクライナ軍はロシアとの戦争の現実に対する準備ができていないと述べた。

コーチはロシアのウクライナ侵攻のような戦争に行ったことがないため、西側のトレーニングは制限されることが多い、とメディアプラットフォーム オープン民主主義 言及された。

「私たちのパートナーに対して何も言いたくないが、彼らは私たちの状況や私たちがどのように戦うのかを完全に理解していない」と第41機械化旅団の上級諜報軍曹「ダッチ」はopenDemocracyに語った。 。

報告書によると、約6万3000人のウクライナ兵士が西側諸国、主にイギリスとドイツで訓練を受けているという。

英国の情報筋は、彼ら全員が基礎的な兵士を訓練するための35日間の「緊急コース」を受けているとメディアに語った。

英国の国防シンクタンクと王立ユナイテッドサービス研究所(RUSI)の地上戦専門家ニック・レイノルズ氏は、西側諸国が提供した訓練は安全ではあるものの、実戦には及ばないと述べた。

「私たちは多くの健康と安全に関する規制を設けています。しかし、それは彼らが十分な準備ができていない状態で戦場に向かうことを意味します」とレイノルズ氏はopenDemocracyに語った。

同氏は、この戦略により、実際の運用中にエラーが発生するリスクが高まる可能性があると指摘しました。

このオランダ人は、NATOの訓練は射撃術や装備の使い方の学習などに役立つが、主要な戦闘訓練のほとんどはウクライナで行われたと語った。

1つの限界は、西側軍が近年中東での反乱との戦いに注力していることだ。

ウクライナ第41旅団の隊員らは、NATO教官らは中東紛争の例をよく使うが、主に地元住民の情報交換所や反政府勢力の特定に関わるもので、「われわれにはあまり関係がない」と述べた。

スコット・ピーターソン/ゲッティイメージズ

「オランダ人」は、西側の教官は市街戦や都市や町での戦闘の経験があるが、ウクライナでは戦闘のほとんどが平地で行われていると語った。

「私たちは人々に、効果的に塹壕を排除し、そこに入る方法、効果的に手榴弾を投げる方法、ブービートラップにつまずかないようにする方法、そして手榴弾とは何なのかを理解してもらう必要があります。 [Russians] 投げる – 主に敵を捕まえるために。

NATO軍はウクライナにはない火力で敵を圧倒しようとしているため、西側の訓練官は通常「より弱い敵を念頭に置いて」計画を立てるとダッチ氏は語った。

もう 1 つの制限は、NATO の健康と安全に関する規制により、軍隊がより高度なレベルに進む前に基礎訓練を受けることを義務付けていることです。

時間的制約のため、ウクライナ軍はそのレベルに達しないことが多いとレイノルズ氏は語った。

「法律、規制、安全性、許可の観点からすると、それは不可能です」 [the type of training Ukrainians want] 重大な政策変更をしない限り。」

西側訓練の前向きな側面の一つは、ウクライナ軍が防弾チョッキや医療品を含む高価な装備を持ち帰っていることである、とイギリスの訓練作戦に関係する関係者がopenDemocracyに語った。

READ  ジェレミー・ハント氏、英国は増税の「悪循環」を断ち切る必要があると語る