2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウクライナ東部の廃墟都市の制圧は不透明

ウクライナ東部の廃墟都市の制圧は不透明

2023年5月12日、ウクライナのドネツク州マリンカで、ロシアによるウクライナ攻撃が続く中、ロシア人によって破壊されたマリンカ市の遺跡をドローンで撮影した映像。ソーシャルメディア上の動画から取得したこのスクリーンショット。 アンドレイ・イェルマック via Telegram / via REUTERS / ファイル写真 ライセンス権の取得

[12月1日 ロイター] – 1年以上にわたる戦闘でほぼ破壊されたウクライナ東部の町マリンカの制圧は金曜日になっても不透明なままで、ロシア軍がある程度の利益を上げたとの非公式報告があった。

ロシアが支配する地域の中心地ドネツクの南西にあるマリンカに関するほとんどの記述は、ウクライナ軍がさまざまな地域を防衛しているという毎日の報道の中で、ここをゴーストタウンと表現している。 人口1万人の都市には、もはや民間人はいなかった。

ウクライナ軍参謀本部は夕方の報告書で、ロシア軍がマリンカ近郊の村々に向けて進軍する試みは成功しなかったと述べたが、同町での部隊の移動については何も言及しなかった。

ロシア国防省は書簡の中でこの都市について言及しなかった。

ロシアの非公式ブロガー、リバー氏は、ソーシャルメディア上で出回っているロシア軍が市の南西部で国旗を掲げている写真を指摘した。 彼女は、ウクライナ軍が依然として他の地域を支配していると付け加えた。

さらに、「しかし、ロシア軍の南への移動に関する情報が正確であれば、敵の撤退は急速に近づいていることになる。」と付け加えた。

ウクライナのソーシャルメディアアカウントはロシアの進軍を指摘したが、ロシア軍が市全体を支配するという考えを拒否する兵士の発言を引用した。

DeepStateブログのある投稿には、「ロシア人は2022年3月からマリンカ島を占領している」と書かれている。 「マリンカは1年以上廃墟になっています。」

ロシア軍はウクライナ東部を重点的に、10月中旬以来、マリンカの北40キロにあるアヴディウカの町を攻撃している。 ウクライナは、建物は無傷で残っていないものの、自国軍がアヴディウカを支配していると述べている。

ウクライナ軍報道官のヴォロディミル・ヴィティオ氏は国営テレビで、マリンカ氏やアヴディイフカ氏には言及しなかったが、ロシア軍は1,000キロにわたる前線の多くの地域で攻撃を開始していると述べた。

同氏は、2022年2月の侵攻後にロシアが占領したが、1年前にウクライナ軍が奪還した北東部地域であるコビャンスク付近で、ウクライナ軍が攻撃を撃退したと述べた。

ウクライナ軍は昨年、同国の北東部への侵攻で広大な領土を取り戻したが、6月に東部と南部で始まった反撃は追加の利益しか得られなかった。

ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、進展が遅いことは認めているが、戦争が膠着状態に陥っているという考えは否定している。

ロン・ポペスキー氏がレポートする。 レスリー・アドラー編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  イタリア首相、中国との良好な関係は「一帯一路」なしでも可能と発言