12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウクライナのゼレンスキーは、カナダのトルドーに地雷除去を手伝ってくれるよう頼んだと言います

ウクライナのゼレンスキーは、カナダのトルドーに地雷除去を手伝ってくれるよう頼んだと言います

[ロイター] – ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は水曜日、カナダに対し、ロシアの7か月前の侵略に関連する地雷を自国から撤去するための前例のないキャンペーンを主導するよう呼びかけたと述べた。

カナダは 1990 年代以来、地雷を禁止する世界的なキャンペーンを主導してきました。 彼女は、武器の使用を禁止する 133 カ国が署名した 1999 年のオタワ条約に貢献しました。

ゼレンスキー氏は、ジャスティン・トルドー首相との会談後、ビデオ演説で、カナダには適切な技術と人道支援の野心があると述べた。

「私はトルドー首相に対し、我が国からロシアの地雷とミサイルを撤去するための世界的な取り組みを主導するよう求めた。ロシア戦争の結果、ウクライナ領土は世界で最も地雷が集中している」と彼は述べた。

「私たちは、これまでになされたことのないことをしなければなりません。大規模で急速な地雷除去の先例を作り、問題を何十年も放置してはなりません」

トルドーのオフィスからの会話の説明は、ゼレンスキーの提案に言及していませんでした.

米国、ロシア、中国、インドはオタワ協定に署名していません。

(ロナルド・ポペスキーによる報告、デビッド・レングレンによる編集、グラント・マッコールによる編集)

READ  ヨーロッパの夏の暑さと火事を記録する-目に見える| 気候危機