5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウクライナでの戦争は何千人もの日本人の老人を押しつぶしています

S。[1945年9月4日、オビエト兵士が川田博敏の家に入り、隠された日本兵と貴重品を探しました。11歳の子供は、彼らが発した言葉のうち2つしか理解していなかったことを思い出しました。トケイ、または見る; と のために彼らは家を奪いに行きました。

これは、日本が降伏した後に最悪の戦争が終わったと思った家族の恐怖に、北日本の資源の豊富な島々の連鎖のソビエト占領の始まりでした。 日本人はすぐに自由に働くことも動くことも禁じられ、女性と子供は強制労働のために拘留された。

多くの家族は真夜中にボートで逃げ、最初はビーチから離れすぎてエンジンを操作できないまで航海しました。 川田さんの家族は、当時避難していた数千人の中にいました。

「何年も経っても、目の前で見たものすべてを忘れることはできません」と87歳の川田は言う。 さて、「ウクライナ人を見ると…それは家のすぐ近くにあります。 遠くでは起きていないようだ」と語った。

ウクライナから数千マイル離れたこの北東日本の都市では、ロシアの侵略と数百万人のウクライナ難民の窮状を深く反映して、旧北部地域の約17,200人の元居住者の多くが第三国定住しました。

ウクライナ占領に対する日本の制裁措置を受けて、ロシアが島々での交渉を打ち切った後、戦争は彼らの故郷を再訪するという彼らの希望を打ち砕いた。

これらの元居住者の平均年齢は87歳近くであり、一生のうちに帰国するという希望はなくなっています。


根室では、不自然な日本語で巨大な彫像や署名を見ずにいくつかのブロックを移動することは困難です:「北方領土、それを返してください!」

「これらの話をするために残されているのは、5年生の思い出だけです。 他の誰もが自分の話を共有することができずに亡くなりました」と13歳で四季島を去った88歳の戸国宏は言いました。

長年にわたり、日本は安倍晋三前首相の下で、ロシアとの関係を改善し、モスクワを戦略的パートナーに変え、中国から遠ざかるために、和平協定と地域和解を優先してきました。 ロシアが2014年にウクライナのクリミア地域を併合したとき、島々の交渉に対する懸念が安倍首相の恥ずかしい対応を形作った。

しかし、ロシアとの良好な関係を継続することから劇的な転換期に、日本はウクライナの侵略に対応してより広範な制裁を課しました。 モスクワは先週、交渉は2020年以来停滞しているが、交渉に戻るつもりはなく、日本人の島へのビザなしの旅行を終了する予定であると述べた。 また、そこでの合弁事業から撤退することも脅かされました。

日本のいわゆる北方領土である国後島、択択島、歯舞島、四幡島は北海道の沖合にあり、晴れた日には根室からはっきりと見えます。 彼らは第二次世界大戦前は日本の一部でしたが、1945年8月に国が降伏した後、ソビエト連邦は千島列島と呼ばれる島の所有権を主張しました。

峠野宏とその兄弟が四季田に住んでいるときに撮った写真

(ワシントンポスト)

ロシアのサハリン島の南東にあるこれらの火山島は、オホーツク海と太平洋を分けており、戦後のロシアと日本の関係の中心にあります。 両国は1956年に共同宣言を行い、両国間の戦争状態を終結させたが、和平協定には署名しなかった。 島々をめぐる紛争の解決を待っている。

日本の見解では、日本がすでに降伏したため、ソビエトによる島の占領は裏切りであり、専門家のジェームス・ブラウンは、1855年のロシア帝国と日本帝国の間の最初の条約以来、島は日本の領土であったと主張している。 東京のテンプル大学キャンパスでの日露関係。

ロシアの場合、第二次世界大戦で日本に対して米国に参加することと引き換えに、島々は領土を獲得しました。 島々をあきらめることは、ソビエトの兵士と民間人、そしてロシアの第二次世界大戦の遺産の裏切りと見なされている、とブラウンは言います。 これらの島々は、モスクワがオホーツク海から太平洋に船を移動するのを容易にし、宇宙建設に使用される希土類金属を含む貴重な天然資源を含んでいるため、ロシアにとって戦略的に興味深いものです。

徳ヌ宏さん(88)は、13歳まで住んでいた四季丹島の一部を指摘する。

(ワシントンポスト)

東京とモスクワは1956年の宣言以来和平交渉を行ってきたが、大きな動きはなかった。 無人島をめぐる日本の中国や韓国との地域紛争とは異なり、ロシアとの紛争の規模は、島が大きく(択後島で約2,000平方マイル)、何千人もの人々の生活に直接影響を与えるため、異なります。

根室では、不自然な日本語で、巨大な彫像や板を見ずにいくつかのブロックを移動することは困難です:「北方領土、それを返してください!」 根室で商売をしているロシアの漁師のために、道路標識や通りの名前は日本語とロシア語で書かれています。

ここで、ロシアの交渉からの撤退の発表は結果をもたらします。 これにより、元住民が島の親戚の墓を訪れることができなくなります。 それはまた、紛争が解決されれば二人はいつか一緒になることができると信じていたロシアの島民と日本人の間の文化的訪問を締めくくる。

「これは非常に不公平で容認できないことであり、交換を促進するために懸命に努力している両国の住民の努力を損なう」と北海道の鈴木直道知事はロシアの発表に応えて言った。

日本の北海道根室市では、「北方領土、お返しください!」

(ワシントンポスト)

ロシアは日本との経済連携協定の終了を検討しているが、漁業は日本とロシアの間で水に依存する寸前である。 年間300万トンの魚やその他の魚介類を漁獲するこの地域は、地球上で釣りをするのに最適な場所の1つと見なされています。

北部地域の5,500人未満の元居住者がまだ生きています。 彼らは、ロシアによるウクライナ占領に対する日本の厳しい対応が、島々での交渉の将来にとって何を意味するのかをはっきりと見守っているが、それでも日本のロシアを支持する者もいる。 論争に捧げられた根室の博物館で、住民と訪問者はロシアのウラジーミル・プーチン大統領への攻撃のメッセージを送り、ウクライナとの連帯を表明しました。

一部の住民は、岸田文雄首相が北部地域紛争を解決するためにロシアとより厳しい関係を築くことを望んでいると述べている。

「ロシアがウクライナで行っていることは、現在の状況を強制的に変えようとしているが、それは決して正当化できない」とソビエト軍が百合の一部である百合の小さな島を占領したときに8歳だった84歳の砂岡康二は言うHabomaykグループ。 70戸の島々。

根室の展望台からの島々の眺め

(ワシントンポスト)

「岸田文雄は厳しい制裁を課している。これは理解している。しかし、ロシアを敏感に保つことを試みずに、交渉は常に直接的かつ強力であることを望んでいる」と彼は述べた。 「ウクライナの状況は、日本の北部の島々のように、再び領土問題です。」

ソビエトが島を占領した後、何人かの日本人家族はそこに定住したソビエト家族と一緒に数年間そこに住んでいました。 トゴノはソビエトの子供たちと一緒に学校に通ったことを思い出し、彼の経験は後に子供たちのためのアニメーション映画に変わりました。 ジョバンニ島

しかし、結局、ソビエト市民を収容するために、日本人入植者は彼らの家から追い出されて、納屋と厩舎に強制されました。 1947年10月までに、北部地域に残っているすべての日本人はソビエト船によって島から追放されました。 このグループには、根室に移る前にサハリンの困難な状況に耐えたことを思い出したトグノも含まれていました。 旅行中に何人かが亡くなりました。

1964年まで、ロシアと日本は、元住民が親戚の墓を訪れることができるように、島への人道的な旅行を制限することに同意しました。

元住民は、将来の日本の子孫とアメリカの指導者が闘争の先頭に立つだろうと言います。

「私たちはこの動きを次世代と共有し続け、それが引き継がれるまで共有し続けます」とチュノカは言います。 「日本は決して止まるべきではありません。」

©ワシントンポスト

READ  日本の中小企業は、エピデミックの中で過剰な債務に直面しています