9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウガンダのアスリートが日本の合宿に行方不明

東京発-地元当局は、地元のコロナウイルスの懸念の中でオリンピック参加者を監督している日本の主催者について質問をした事件で、西日本で行方不明になったウガンダのアスリートを探しています。

市当局によると、行方不明の20歳の少年は、大阪府泉三野でウガンダの9人のチームの一員として訓練を受けているという。

チームは、金曜日の正午に唾液検査サンプルが提供されなかったときにアスリートがいないことに気づき、市当局は彼のホテルの部屋が空であることに気付いたと述べた。 金曜日の朝には訓練はなく、彼は金曜日の早朝に自分の部屋で最後に見られました。

ホテル内で彼を見つけることができなかった後、当局は警察に広範囲にわたる捜索を通知した。 ホテルには24時間の監視はなく、当局は彼がいつ、どのようにホテルを出たのかはわからないと述べた。

東京での流行の高まりに対する懸念が高まっているにもかかわらず、オリンピック後半の流行は7月23日に始まります。 開催都市は金曜日に1,271件の症例を登録し、前月の1,308件の6か月間の最高値を記録しました。

ウガンダチームは以前、日本の健康監視機構に紹介されていました。

6月19日に成田国際空港に到着したとき、チームのメンバーはテストで陽性で孤立し、残りの8人のメンバーは貸切バスで500 km(300マイル)以上移動することが許可されました。 大阪西部オリンピックキャンプ。

数日後、東アフリカのチームの2人目のメンバーがウイルスの検査で陽性となり、チームと緊密に連絡を取り合っていた7人の市職員と運転手が自己隔離を余儀なくされました。 保健当局は、影響を受けたウガンダで2人がデルタ変異を持っていたと述べた。

両方のチームメンバーが隔離要件を完了し、チームは7月7日からトレーニングを行っています。

この事件は、日本の当局に国境管理を強化し、隔離の方針を変更するよう促し、メンバーのいずれかが陽性と判定された場合、空港で別々のグループを隔離する必要があると述べた。

日本の当局は、健康と場所のユーティリティを使用することを要求され、違反が報告されて、アスリートを日本人から完全に隔離するための「バブル」操作を制限しました。

以前、丸川玉代オリンピック大臣は、オブザーバーがいくつかのホテルで活動しているのを見ることはないと約束していた。 丸川氏は金曜日に記者団に、規則の遵守を確保するための措置を強化し、ホテルの監視スタッフを増やすよう主催者に求めていると語った。

READ  スロベニアのジャンジャコンクリートの後、日本が女子クライミングでシルバーとブロンズを獲得