7月 16, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ウェストハムのスター選手、75万ポンドの宝石疑惑で日本で法廷に臨む

ウェストハムのスター選手、75万ポンドの宝石疑惑で日本で法廷に臨む

日本の当局は、2015年11月に東京のハリー・ウィンストン宝飾品店で起きた暴力的強盗事件で、ケイン・ライト容疑者(26)と共犯者2名を告発した。

カイン・ライトは週に2回警察に出頭しなければならない(ハンフリー・ネーマー)

75万ポンドの宝石強盗に関与した疑いで告発されたサッカー選手が、裁判のため日本に引き渡されることになった。

26歳のカイン・ライトは、アメリカのメジャーリーグサッカーに移籍するまで、プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドとブレントフォードFCのユース選手として活躍した。

日本の当局は、2015年11月に東京のハリー・ウィンストン宝石店で暴力的な強盗を行ったとして、彼と共犯者2人を告発した。 当時、40以上の高級ネックレスや時計には75万ポンドの価値があった。

検察は、暴徒が警備員の顔を殴ったと発表した。 伝えられるところによると、一味は強盗事件の2日後に日本から逃亡した。

東京宝石店強盗事件の現場(ゲッティイメージズ)

自称「テクニカル」ミッドフィールダーであるライトは、2019年のソカ6人制ワールドカップにイングランド代表として出場した。

彼は2017年、ブラジルとパリ・サンジェルマンのエース、ネイマール・ジュニアに先駆けて、サッカー選手としての5つの世界決勝戦に出場した。

強盗疑惑が起きた年、ライトは多くのプレミアクラブから追及を受けた。

あるコーチは当時同紙に対し、「我々はケインにはそれができる能力があると信じている」と語った。

READ  旅行者が出発前に知っておくべきことは何ですか?