10月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

England's Georgia Stanway, left, and Germany's Sara Däbritz.

インフレとイラクの輸出問題で石油暴落

2016 年 3 月 21 日、オーストリア、ウィーンの本部にある石油輸出国機構 (OPEC) の紋章の写真。 REUTERS/Leonard Voiger

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

ロンドン(ロイター) – インフレによる世界経済の弱体化が燃料需要を減少させるとの懸念の中で、石油価格は火曜日に下落し、イラクの原油輸出は衝突の影響を受けませんでした。

10月決算のブレント原油先物は、月曜日に4.1%上昇した後、1022 GMTまでに2.45ドル(2.33%)下落して1バレルあたり102.64ドルになり、1か月以上で最大の上昇となりました。

10 月の契約は水曜日に満了し、11 月の最も活発な契約は 1.76% 減の 1 バレル 101.12 ドルでした。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

米国西テキサス中間原油は、前のセッションでの 4.2% の上昇に続いて、1.55 ドル、つまり 1.6% 下落して、1 バレル 95.46 ドルでした。

インフレ率は、世界最大の経済大国の多くで 2 桁台に近づきつつあり、この半世紀近くで見られなかったレベルです。 これにより、米国とヨーロッパの中央銀行は、経済成長を制限し、燃料需要に影響を与える可能性のある、より急激な利上げに訴える可能性があります。 続きを読む

Calkin Group の CEO、Kunal Sawhney 氏は次のように述べています。

UPS のアナリスト、Giovanni Stonovo 氏によると、国営イラクの石油販売会社 SOMO が、イラクの石油輸出は混乱の影響を受けていないとのコメントを受けて、価格は下落した。 続きを読む

バグダッドでは、シーア派グループ間の衝突が 2 日目も続き、ここ数年で最悪の戦闘が見られます。 続きを読む

Sumo は火曜日に、必要に応じてより多くの石油をヨーロッパに向けることができるとも述べた。 続きを読む

市場は、9 月 5 日に開催される、石油輸出国機構とロシアなどの同盟国 (OPEC+ としてよく知られている) の次の会議を待ち望んでいます。

サウジアラビアは先週、OPEC+の減産の可能性を提起した。情報筋によると、イランが西側と核合意を結んだ場合、イランからの供給の増加と一致する可能性があるという。

BVM石油仲介会社のタマス・ヴァルガ氏は、「OPEC+生産量の潜在的な減少が、石油市場が弱い株と強いドルに向かっている理由だ」と述べた。

一方、業界団体であるアメリカ石油協会は、火曜日の東部標準時午後 4 時 30 分 (2030 GMT) に米国の原油在庫に関するデータを発表する予定です。

ロイターの予備世論調査によると、月曜日の米国の原油在庫は、留出油とガソリンの在庫が減少したため、8月26日までの週に60万バレル減少する可能性が高い.

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

(シンガポールの Moyo Chu、Rowena Edwards による追加レポート。) Christian Schmolinger と Louise Heavens による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  トレーダーが供給を探しているため、ガス市場は大西洋の両側で急上昇しています