11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

インタビュー | 成功した弁護士であり小説家でもある牛島信は、日本の「嵐の前の静けさ」です。

牛島信は成功した弁護士です。 日本企業. 彼は有名な作家でもあります。

インタビューで 日本フォワード著名な弁護士であり小説家でもある彼は、日本の将来に見られるリスクと利益について語った。 牛島氏は、日本は今、嵐の前の静けさのような静けさの時代にあると語り、将来、日本は劇的な変化を遂げるかもしれないと予測しています。

最近、ベストセラーとなった商法小説の英語版を完成させた。少数株主この小説は、日本のほとんどの非上場企業の少数株主を悩ませている日本特有の不公平な状況を世界に公開しています。

著者の許可を得て、 日本フォワード 英語版は近日公開予定 少数株主 シリアル形式で。 このシリーズは、本と同様に、日本のコーポレート・ガバナンスの問題に深く切り込んでいます。

以下、インタビューの抜粋です。

日本の現状についてどう思いますか。

日本経済は衰退の一途をたどっており、まだ回復の兆しは見えていません。 明るい未来が見えないのが現状です。 可能な方法を見つけるためにこれを見つける方法を考えています。

広告

私を含め、戦後資本主義を真に信じる団塊の世代がこの世から姿を消し、まったく新しい世代に取って代わられるまで、日本のルネサンスは不可能だと時々私には思えます。 それを考えると、私はひどく落ち込んでしまいます。

日本は今、スピリチュアルリーダーを真剣に求める時期にあると思います 吉田松陰 (1830 – 1859)。 彼は、明治以降の日本を形作った有名な思想家でした。 元首相 安倍晋三 同じ死、現在の総理 岸田文夫 かつて安倍首相が考えた立場にある。 これは、今後の私たちにとって重要な意味を持つと思います。

書き直しますか?

日本は今、嵐の前の静けさのような時代を迎えていると肌で感じています。 私の理解では、安倍晋三元首相は事前にそれを認識し、将来いつか起こるかもしれない混乱に備えて日本を準備しようとしたのかもしれません. しかし 彼は撃たれた 彼の婚約の過程で。

欲しいです n保存 島々(沖縄県石垣市の一部)は中国に併合され、日本社会は激怒し、ナショナリズムが台頭するでしょう。 最近の若者は感情をあまり示さないという人もいます。 しかし、日本が一部でも占領されれば、日本人は強く抵抗すると思います。

これは理由を考えれば簡単に理解できる ウクライナ人 ロシアは非常に真剣に戦わなければなりません。 それは正しいだろうと思います 福沢諭吉 (1835 -1901) は言いました。 つまり、個人の自由を守るためには、国の自由を守らなければなりません。 国家の独立は、個人が自分自身のために独立を求めることを可能にします。 だから私は信じています。

牛島信
東京・丸の内の丸の内センタービル裏にある三菱地所の「マルビル」。 (ウィキメディア・コモンズ)

世代交代や武力紛争が日本に革命的な変化をもたらすということですか?

戦後の日本はどうなった? 財閥は廃止された。 それに伴い、三菱地所株式会社不動産会社を2社に分割し、そのうちの1社は養和地所株式会社。 その会社の株式が大量に意図的に買われ、敵対的買収の脅威が生じた.

この事件により、企業はそのような活動の再発を防ぐために相互共有するようになりました。 これが日本型株式会社制の確立への道を開いた。 それは驚くべき働きをし、日本が戦後の復興とその後の経済の奇跡を達成するのを助けました. また、エネルギー危機にも取り組みました。

しかし客観的に、その後の日本を振り返ってみてください。 日本がバブル経済の狂乱に巻き込まれると、日本型の株式会社制は船団制の傘下で解体された。 持株会制度を利用した株式会社型の従業員組合も同様でした。

広告

あれから約三十年。 残念ながら、私たちはまだ新しい方法を見つけていません。 しかし、数年以内に革命的な変化が起こると私は信じています。

あなたのベストセラー小説、 少数株主多くの日本企業がそうであるように、非上場企業の問題に焦点を当てていることで注目を集めています。

日本の非上場企業にとって、オーナーオペレーターは重要です。 しかし、他の利害関係者は重要とは見なされません。

日本の法律では、非上場企業の少数株主は自分の株式を売却することはできません。 さらに悪いことに、非上場企業の少数株主が死亡した場合、その少数株主が相続人として残されると、その相続人は鼻から巨額の税金を支払うことになる可能性があります。

私の小説は当初、実際に起こった事件に触発されました。 そして、日本のねじれた状況を率直に描写している。

こんな不正を許す国はどこだ。 そんな怒りが、この小説を書く動機になった。

非上場企業の株式会社制は今も健在。 終戦後、非上場企業は、長らく無価値とされてきた少数株主に関係なく、保有株式を減らしてきた。

この小説は、そんな非上場企業の実態を浮き彫りにしていると思います。 そして、私はそれを誇りに思っています。

広告

日本の状況に変化はありましたか? 少数株主 公開?

なし。 でも、この小説を出版してから、たくさんのリクエストをいただきました。私を助けてくださいそして裁判所は、少数株主であっても株主平等の原則の下で平等に扱われなければならないことを理解し始めている。

そういう意味では大きな進歩だと思います。 でも基本的に コーポレート・ガバナンス日本企業にはまだまだ足りないところがたくさんあります。

コーポレート ガバナンスの問題は、企業の世界にあふれています。 ここに示されている:日産ルノーのロゴ

これの英語版を出版しようと思ったきっかけをお伺いしてもよろしいですか? 少数株主?

さて、外国の友達からもこの小説を読んでほしいというリクエストがありました。 これまでに多くの本を出版しています。 英語で出版しました ステークホルダーミーティングg (英語版、メサトップ プレス、2002 年)、および韓国語版。 そして私の本、 受取人 (日本語原文、幻冬舎、2002年) 英語版も出版。

少数株主 ジャパンフォワードによるシリーズ。 読者にメッセージをお願いできますか?

各国には独自の株式会社構造があります。 この小説では、日本の株式会社制が描かれています。 いつか変わると思います。 しかし、近い将来、世界共通の普遍的な株式会社制度が確立されるとは思えません。

各国の制度がどう変化していくのか、注目したい。

少数株主とは何ですか? この本の主題は何ですか?

日本の株式会社のうち、99.8%が非上場です。 非上場企業の過半数株主はオーナー会長とその家族であることが多い。 彼らは株式の過半数を所有しています。

大株主以外の株主を少数株主と呼びます。 この小説に登場する経営者は、会社を犠牲にして独り暮らしをしている。 彼らは家族に多額の賃金を支払い、公共と民間の橋渡しをしています。

このような非上場企業は、オーナー経営者および過半数株主の裁量で管理されます。 もちろん、そのような企業ではコーポレートガバナンスがうまく機能しません。 一方、少額の株式を相続すると、相続人はより多くの税金を支払わなければならなくなります。

広告

そんなエピソードから小説は始まる。

牛島信について

牛島信は1949年生まれ。 東京大学法学部卒業後、弁護士を経て個人開業。 企業パートナーとして 牛島& Bアーティスト数々のM&A案件やコーポレートガバナンス関連案件に携わる。

現在、日本生命保険相互会社社外取締役、朝日工業株式会社社外監査役、特定非営利活動法人日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会長、東京都民会会長を務める。 広島県出身。

牛島 を含む10冊の小説を執筆。 株主総会 (原文、幻冬舎、1999年) 少数株主 (日本語原文、幻冬舎、2018年). 他の巻には、そのような9つの記事のコレクションが含まれています 私の祖国は私の命を犠牲にする価値がありますか?? (ジェントーシャ、2020年) 日本が生き残る唯一の道 (ジェンドシャ、2022)、他。

「商法小説」の草分け的作家として目覚ましい活躍をしている。

後で: 牛島信 少数株主英語版、週刊・月刊シリーズ 日本フォワード。

関連している:

インタビュー:編集長 内藤康夫 日本フォワード

広告

READ  日本のビジネス環境は堅調な需要で改善しており、政府後の回復が期待されています