2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イングランド銀行と欧州中央銀行がFRBの利下げ期待による市場上昇を台無しにする

イングランド銀行と欧州中央銀行がFRBの利下げ期待による市場上昇を台無しにする

エディターズ ダイジェストを無料で開く

欧州中央銀行とイングランド銀行はインフレに対する勝利宣言を拒否しており、来年の利下げを示唆した米連邦準備制度理事会が引き起こした市場上昇に水を差した。

欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁は木曜日、インフレ率が目標の2%に低下する前に「やるべきこと」があると警告したが、イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁は「達成への道のりはまだ長い」と述べた。英国に行きます。」

両中銀は金利を据え置き、欧州中央銀行は4%、イングランド銀行は5.25%で、ラガルド氏は消費者物価の圧力に対して「警戒を少しも緩めてはならない」と警告した。

FRBはまた、前日金利を5.25~5.5%に据え置いたが、米当局者らが来年の金利は4.5~4.75%で終了すると考えていることを示す見通しを示し、これは4分の1ポイントの利下げを示唆している。

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェイ・パウエル議長の予想外のハト派姿勢が木曜朝の市場を押し上げ、世界金利低下への期待から株式と国債の両方が上昇した。

ニューヨークでは、前日に連邦準備制度理事会の政策転換によって引き起こされた株価上昇が続いた。 木曜日のS&P総合500種は0.5%上昇し、過去最高値から2%以内に上昇した。

GAMインベストメンツの最高投資責任者チャールズ・ヘップワース氏は、FRBからの「一足早いクリスマスプレゼントとしては贅沢だ」と述べた。

しかし、イングランド銀行と欧州中央銀行の強硬な姿勢が上昇に水を差した。 域内株価指数Stoxx欧州600指数は、金利に敏感な不動産株の大幅上昇を受けて0.9%上昇した。 ロンドンのFTSE100指数は1.3%上昇、フランスのCAC40指数は0.6%上昇し、終値での最高値をわずかに下回った。

投資家が利下げへの賭けを強めるにつれて債券利回りが低下していることを示す 2 年国債利回り (%) 折れ線グラフ

JPモルガン・プライベート・バンクのグローバル市場ストラテジスト、マシュー・ランドン氏は「昨夜FRBが金融緩和政策に転換したことを受け、市場は中央銀行による世界的な変化の匂いを感じ始めている」と述べた。 「イングランド銀行は完全には追随していない。」

イングランド銀行金融政策委員会 彼は言った 金利は「長期間」高止まりし、必要に応じて金利を引き上げる選択肢を残しておく必要がある。 ベイリー氏は「道のりはまだ長い。引き続きデータを注意深く監視し、インフレ率を2%に戻すために必要な決定を下す」と述べた。

金融政策委員会は6対3で中銀の主要金利を15年ぶりの高水準に維持することを可決した。

欧州中央銀行が2回連続の会合で基準預金金利を過去最高の4%に据え置いたことを受け、政策当局者らは借入コストを「必要な限り十分に抑制された水準」に維持する決意を改めて表明した。

米国、英国、ドイツの 10 年国債利回り (%) の折れ線グラフは、長期債も最近の上昇を延長したことを示しています

ユーロ圏中銀は消費者物価の伸びが今後3年間で目標の2%まで鈍化し、利下げを検討する上での大きなハードルがなくなると予想している。 しかしラガルド氏は、政策当局者は「もう少し積極的に」なり、2025年までにマイルストーンの達成を目指すと述べた。

債券市場では、金利に敏感な2年米国債利回りは6カ月ぶりの低水準となる4.28%となり、わずか2カ月前に付けた17年ぶりの高値からほぼ1ポイント低下したが、その後4.36まで回復した。 パーセント。 ユーロ圏の指標であるドイツ2年債利回りは0.06%ポイント低下し2.59%となった。 10年国債利回りは0.05%ポイント低下し3.79%となった。

ドルは通貨バスケットに対して1.1%下落し、金は0.4%上昇してオンス当たり2,035ドルとなった。

ロンドンのステファニー・ステイシーからの追加レポート

READ  住宅価格は指数史上最速で下落