6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イタリア首相、中国との良好な関係は「一帯一路」なしでも可能と発言

イタリア首相、中国との良好な関係は「一帯一路」なしでも可能と発言

イタリアのジョルジア・メローニ首相は日曜日に掲載されたインタビューで、政府が計画の断念を検討している中、一帯一路協定に参加していなくても中国との良好な関係は可能だと述べた。

イタリアは、主要な西側諸国の中で唯一、中国の一帯一路構想に参加している。この構想は、大規模なインフラ支出を通じて中国をアジア、ヨーロッパ、その他の国々と結ぶ古代シルクロードの再建を構想している。

メローニ氏は日刊紙イル・メッサジェーロとのインタビューで、2019年に署名したこの計画にイタリアが参加し続けるかどうかの決定の結果を予測するのは時期尚早だと述べ、ワシントンとブリュッセルから批判を招いた。

「我々の評価は非常に正確で、多くの懸念事項に触れている」とメローニ氏は語った。 この協定は2024年3月に期限切れとなり、いずれかの当事者が少なくとも3か月前に相手方に離脱を通知しない限り、自動的に更新される。

メローニ氏は9月の総選挙で政権を獲得する前の昨年、ロイターとのインタビューで、2019年の動きに同意しないことを明らかにし、「イタリアや欧州における中国の拡張主義を支持する政治的意志はない」と述べた。

メローニ氏は、イタリアは主要7カ国(G7)の富裕民主主義国の中で一帯一路覚書に署名した唯一の国ではあるが、中国との経済・貿易関係が最も強い欧州・西側諸国ではないと指摘した。

「これは、必ずしも全体的な戦略設計の一部でなくても、重要な分野においても中国政府と良好な関係を築くことが可能であることを意味する」と同氏は述べた。

今月初め、イタリア政府高官はロイターに対し、イタリアが一帯一路協定を更新する可能性は低いと述べた。

ローマが中国のシノケムが最大の投資家であるタイヤメーカーピレリ(PIRC.MI)の株主協定を検討している中、中国に対する右派政府の姿勢を問う最初の試練が迫っている。

中国は、G7 のほとんどの国にとって、特に日本やドイツのような輸出依存経済にとって最大の市場の 1 つです。

当局者や専門家らによると、G7首脳らは先週末のサミットで、中国からの「デカップリング」をせずに「リスクを取り除く」ことを約束したが、このアプローチは中国政府に対する過剰な圧力に対する欧州と日本の懸念を反映したものだという。

(Valentina Za によるレポート) Frances Kerry による編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  不安定なロシアでユダヤ人組織への懸念が高まる