5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエル軍はロイター記者殺害事件を調査中と発表

イスラエル軍はロイター記者殺害事件を調査中と発表

[エルサレム 2日 ロイター] – イスラエル軍は土曜日、レバノン南部でロイター記者が殺害された事件を捜査していると発表した。 現場にいたロイターの目撃者は、イスラエル方向から発射されたミサイルの直撃を受けたと述べた。

陸軍報道官のリチャード・ヘクト中佐は定例記者会見で、「ロイター記者に起きた事件については承知している」と述べた。 「我々はこの問題を捜査している。すでに写真もあるし、取り調べも行っている。悲劇だ」と述べた。

レバノンは土曜日、ロイター通信社に勤務するレバノン国籍のビデオジャーナリスト、イサム・アブドラ氏の「イスラエルによる故意の殺害」を巡り、国連安全保障理事会に正式な訴状を提出すると発表したと伝えられた。

アブドラさんは金曜日、放送局にライブビデオ信号を提供中に殺害されたとき、アルジャジーラやフランス通信など他の組織のジャーナリストのグループと一緒にいた。

このグループはイスラエル国境に近いアルマ・アル・シャーブ村の近くで活動しており、そこではイスラエル軍とヒズボラが国境衝突で銃撃戦を行っていた。

ロイター通信の同僚ター・アル・スダニ氏とともに同じ事件で負傷したマヘル・ナヒ氏は、イスラエル方向からのミサイル発射を撮影していたところ、そのうちの1発がアブドラ氏に命中し、アブドラ氏は残りの部分の近くの低い石壁に座っていたと述べた。ストリップの。 グループ。 数秒後、別のミサイルがグループが使用していた車に命中し、車が炎上した。

AP通信やアルジャジーラなど他のメディアはミサイルはイスラエルのものだと報じたが、ロイターは実際にイスラエルがミサイルを発射したかどうかを判断できなかった。

フランス通信社とアルジャジーラは、この事件で記者2人が負傷したと発表した。

アリ・ラビノビッチが報告した。 ジョン・ボイル編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  COP27: 交渉担当者は、国連気候サミットで「損失と損害」に関する暫定合意に達しました