2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエルは人質2人が捕らえられてから128日後に特別作戦でガザから解放されたと発表

イスラエルは人質2人が捕らえられてから128日後に特別作戦でガザから解放されたと発表

人質・行方不明者の家族

ガザからイスラエル軍によって救出された人質のフェルナンド・シモン・マルマンさん(60歳)とルイス・ハールさん(70歳)。



CNN

イスラエル軍は月曜、ガザ地区南部のラファで月曜夜に実施された特別作戦で人質2人を救出したと発表した。

2人の人質、フェルナンド・シモン・マルマンさん(60)とルイス・ハーさん(70)は、128日前、10月7日のイスラエルに対するハマスの攻撃中に誘拐された。

イスラエル軍は、2人の健康状態は良好で、テル・ハショメルのシバ医療センターに搬送されたと発表した。 同氏は、共同作戦はイスラエル治安局とイスラエル警察と協力して実施されたと付け加えた。

イスラエルのヨアヴ・ガラント国防大臣はウェブサイト「X」(以前はツイッター)上の声明で「印象的な釈放作戦」を称賛し、ベンヤミン・ネタニヤフ首相や上級指導者らとともに司令部で作戦を監視したと述べた。

同氏は、人質2人はキブツ・ニル・イツハクから誘拐されたと付け加えた。 ニル・イツハクは、10月7日のハマスの攻撃で約1,200人が死亡、240人以上が人質になったガザ国境近くの数人のキブツ住民のうちの1人だった。

イスラエルの対応により、ガザ全域に広範囲にわたる破壊が引き起こされた。 ハマスが管轄するガザ保健省は、10月7日以降の累計死者数は2万7500人以上に達したと発表した。

ハテム・アリ / A.B

2024年2月11日、ガザ地区ラファでイスラエルの襲撃で破壊された住宅の隣を歩くパレスチナ人。

人質解放のニュースは、ラファがイスラエル軍の爆撃を受けている最中に伝えられた。 パレスチナ赤新月社は月曜日、最近の空爆で60人以上が死亡し、パレスチナ市は「激しい標的化」を目撃していると述べた。

CNN は独自に数字を検証することはできません。

ラファ市は月曜日、少なくとも2つのモスクと約10軒の住宅が襲撃の対象となったと発表した。

イスラエル占領軍は月曜日、ガザ地区南部のラファ県シャブーラ地区の標的に対して「一連の襲撃」を行ったことを確認した。

イスラエル軍は声明で「攻撃は終了した」と述べた。

ラファはこうなった パレスチナ人にとって最後の避難所 彼らは混雑した地区の残りの地域でのイスラエルの空と地上の作戦を避けるために南に逃げた。 国連によると、ラファには130万人以上が住んでいるとみられ、その大半がガザの他の地域から避難してきた人々だという。

彼らにはもう逃げ道は残されていない。 この都市はエジプトとの国境に位置しており、エジプトへの唯一の国境はガザ国境の残りの部分とともに数か月間閉鎖されている。

ネタニヤフ首相が計画への高まる批判を無視し、ラファへの入港を控えるよう求める声は… イスラエルに戦争に負けろと言っているようなものだ。 同氏は民間人に安全な通行を提供すると約束したが、詳細はほとんど明らかにしなかった。

READ  バイデン氏、根管治療後のNATO首脳会議を延期