5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエルとハマスとガザの戦争に関するニュース: ライブ最新情報

イスラエルとハマスとガザの戦争に関するニュース: ライブ最新情報

イスラエルとの貿易を停止するというトルコの決定は、イスラエル指導者らがガザ地区のハマスの支配を排除する前に戦争を終わらせないと主張しているにもかかわらず、ガザ戦争を終わらせようとする世界的な圧力の高まりを浮き彫りにしている。

イスラエルによるガザへの壊滅的な軍事攻撃が終わりの見えないまま続く中、イスラエルの国際的孤立はさらに悪化している。 一部の国はイスラエルとの関係を縮小または断絶した。 米国、英国、ドイツなどの緊密なパートナーは、イスラエルを強力に支持し続ける一方で、イスラエルの行動やガザへの人道支援の制限に対して公の場での批判を強めている。

今週、コロンビアはボリビアに次いで南米でイスラエルと国交を断絶した2番目の国となった。 ボリビアが発表した日、コロンビアとチリ両国は駐イスラエル大使を召還すると発表した。 ホンジュラスもこれに追随 数日以内に。 ベリーズは同月、イスラエルとの国交も断絶した。

イスラエルが安全保障分野で緊密に協力しているヨルダンやバーレーンなどのアラブ諸国も、ガザ地区の死者数の多さに対する国民の抗議活動の中で大使を召還した。 イスラエルの攻撃はまた、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が自身の遺産の重要な部分となることを期待していた、イスラエルとサウジアラビアの国交正常化に向けた米国主導の努力を妨げた。

イスラエルの最も重要な同盟国であるバイデン政権は、100万人以上が避難しているガザ南部のラファへのイスラエル侵攻を警告しながらも、軍事支援を撤回する気配を見せていない。 イスラエルは今週、米国に次ぐイスラエル第2位の武器供給国であるドイツに対し、国連裁判所が武器販売の差し止め命令を拒否したため、猶予を受けた。

しかし、トルコなどの動きは、現在7カ月近くが経過しているガザ戦争がイスラエルの世界的地位にいかに大きな打撃を与えているかを浮き彫りにしている。

イスラエルとトルコは近年接近を見せている。 2022年に両国は完全な国交を回復すると発表した。 両国はすでに緊密な貿易相手国であり、イスラエル政府の統計によると、トルコは2023年に46億ドル近くをイスラエルに輸出している。

10月7日にハマスがイスラエルを攻撃するわずか数週間前、ネタニヤフ首相とトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は国連総会中にニューヨークで初めて会談した。 ネタニヤフ首相の事務所は当時、両首脳が自国を訪問することで合意したと発表した。

しかし現在、関係改善への期待は打ち砕かれたようだ。 ハマス主導のイスラエル攻撃後、エルドアン氏はすぐにパレスチナ武装勢力を支持する強いレトリック的姿勢を取り、それを「PLO」と呼んだ。 同氏は4月下旬にハマスの指導者らと会談し、イスラエルの怒りをさらに高めた。

エルドアン大統領は金曜日、貿易停止の決定はイスラエルにハマスとの停戦に向けて圧力をかける試みであると述べた。 イスラエルとカタール、エジプト、米国などの調停国は、今週提出された停戦案に対するハマスの反応を依然として待っている。 金曜日に会談のためカイロを訪れていたCIA長官ウィリアム・バーンズ氏を含む米国当局者らは、合意に達しなかったのはハマスだと非難した。

エルドアン大統領は金曜日、アンカラでの演説で、「我々には一つの目標がある。それは、西側諸国からの無条件の軍事的・外交的支援を受けて制御不能になったネタニヤフ政権を停戦に追い込むことだ」と述べた。 停戦が宣言され、ガザへの十分な人道援助が許可されれば、この目標は達成されるだろう。」

国立問題研究所のトルコ外交専門家、ガリア・リンデンシュトラウス氏は、高い政治的緊張の中で一般に緊密な経済関係の繁栄を許容してきたエルドアン大統領にとって、イスラエルとの輸出入を停止する決定は極めて異例であると述べた。 テルアビブのセキュリティ研究研究センター。

リンデンシュトラウス氏は、エルドアン氏が今年初めの地方選挙で野党指導者が一連の自治体を制した20年間の統治に対する国内の不満の高まりを食い止めるために、この問題を利用したいと考えている可能性が高いと述べた。 さらに、「イスラエルの弱み、特にネタニヤフ首相の弱みを利用して、イスラエルを引き続き弱体化させ、地域的な影響力を獲得しようとする」試みもある、と付け加えた。

イスラエルの最も緊密な同盟国の多くは現在、停戦とガザ地区のパレスチナ武装勢力が拘束している人質の解放を要求している。 3月、国連安全保障理事会は聖なるラマダン月中のガザ地区での停戦を求める決議を発表した。

この戦争はまた、一部の国でパレスチナ国家の承認を求める新たな要求にもつながっており、これは主に象徴的な動きだが、ネタニヤフ首相は強く反対している。 スペインとアイルランドをはじめとする欧州諸国は、パレスチナ国家の承認に向けて取り組んでいると述べた。

米国政府は長年、最終的なパレスチナ国家樹立を支持すると述べてきたが、いかなる承認もイスラエルとパレスチナ指導者間の交渉後に行われなければならない。

トーンの変化は、パレスチナ人にとっての戦争の多大な犠牲を反映している。 地元保健当局者らによると、ガザでは過去7カ月間で戦争により3万4000人以上が死亡し、そのほとんどが女性と子供だという。 イスラエル当局者らによると、イスラエルによる攻撃は、約1200人が死亡、さらに人質250人が発生した10月7日のハマス主導の攻撃に続くものだった。

READ  EUは「歴史的な瞬間」にウクライナの候補者の地位を付与します