4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエルとガザの間の戦争:最近の停戦交渉はあまり期待できない – カタール

イスラエルとガザの間の戦争:最近の停戦交渉はあまり期待できない – カタール

調停者のカタールは、ここ数日のガザ地区でのイスラエルとハマスの停戦合意を目指す協議は「あまり有望ではなかった」と述べた。

ムハンマド・ビン・アブドゥル・ラーマン・アール・サーニー首相は、依然として楽観的であるとしながらも、「時間は我々の味方ではない」と付け加えた。

これは、イスラエル首相が国際的な圧力の増大にもかかわらず、ラファへの地上侵攻計画を進めると述べた時期に行われた。

ハマスはイスラエルが停戦合意に進展していないと非難した。

協議はカイロで行われており、米国、イスラエル、エジプト、カタールの高官らが戦闘終結の仲介を目指して会合している。

「ここ数日のパターンは [is] 「あまり有望ではないが、いつも繰り返しているように、我々は常に楽観的であり、常に圧力を維持していく」とシェイク・モハメッドはミュンヘン安全保障会議での世界首脳会議で述べた。

さらに、「私たちはこの合意を信じています。なぜなら、私たちはより広範な規模で話し合っており、この交渉の人道的側面には依然としていくつかの困難があると考えているからです。」と付け加えた。

しかし同氏は、停戦はハマスが拘束している人質解放の合意に達することに依存すべきではないと述べた。

同氏は、「これがわれわれが陥ったジレンマであり、残念ながら多くの国によって悪用されてきた。停戦に至るには人質協定の締結が条件だ」と述べた。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、ジョー・バイデン米大統領の要請に応じて交渉人を派遣したと述べたが、ハマスの要求は「架空」であるため、更なる協議のために交渉人は戻らなかったと付け加えた。

イスラエルは10月7日、ハマス主導の武装勢力が同領土を奇襲攻撃し、少なくとも1200人を殺害し、253人を人質にしたことを受け、軍事攻撃を開始した。

ハマスが運営する保健省は、イスラエルの作戦で2万8800人以上(そのほとんどが女性と子供)が殺害されたと発表した。

ネタニヤフ首相は土曜日、テルアビブでの記者会見で、ハマス殲滅の目標を改めて強調し、イスラエルが「絶対的な勝利」を達成するまで軍隊は戦うと述べた。

約150万人が避難しているガザ地区最南端の都市ラファで軍事行動に反対する人々は事実上、同国に「戦争に負ける」よう求めていると述べ、合意があったとしても軍隊は参戦するだろうと付け加えた。人質に到達した。

戦争の初期に、イスラエル軍が北部の都市に向かって移動している間、イスラエルはパレスチナ人にラファに避難するよう指示した。

イスラエル当局は今週、アル・マワシとして知られる地中海沿岸の細長い農地である、彼らが「人道ゾーン」と呼ぶ場所に民間人を移送したいと発表した。

バイデン大統領はイスラエルに対し、民間人の安全を守る計画なしにラファへの攻撃を開始しないよう求めた。

ネタニヤフ首相はまた、ガザにいる人質を本国に送還せよという内圧にも直面している。

土曜日、数千人のデモ参加者がテルアビブに集まり、2026年までに実施予定のない早期選挙の実施を要求した。イスラエル首相は、ガザ紛争終結直後に選挙を実施するという与党リクード党内からの同様の要求を拒否し、それは「我々を即座に分裂させるだろう」と述べた。

一方、ハマスは停戦合意に進展が見られないとしてイスラエルを非難し、ガザ北部に救援物資が運ばれない限り参加を停止すると脅した。 援助機関は、この地域での食料、水、医薬品の不足について懸念を強めていると述べている。

READ  フーシ派が紅海で船舶を攻撃中、サウジアラビアが米国に自制を要請