4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アーロン・ヒックスが4打点を挙げ、オリオールズがレイズを破った

アーロン・ヒックスが4打点を挙げ、オリオールズがレイズを破った

火曜の夜、オリオールズがトロピカーナ・フィールドでレイズを8-6で破り、アーロン・ヒックスが初回本塁打で調子を上げ、4得点を挙げ、アメリカン・リーグ東地区でオリオールズがレイズと4ゲーム以内に迫った。

4試合中2試合の成績を残したヒックスは、マリンズが右鼠径部肉離れのリストに載った5月30日に契約して以来、17試合で打率.340/打率.444/打率.604を記録した。 時速164.4マイルの立ち上がり速度で打席から出る3ランの効果者であるゼンガーは、新クラブでの53打席で3打数目となった。 ヒックスはそのシーズン、ヤンキースで5月26日に解雇されるまで69打数1本塁打、OPS0.524を記録していた。

「チャンスは私の邪魔をするものではなかった [in New York]しかし、それが私が置かれた状況だった、とヒックス氏は語った。 「昨年は困難な一年を過ごしたが、今はここでチャンスがあり、それを最大限に活用しようとしている。

“よかった [with Baltimore]。 ここに来てからチームは私を本当に歓迎してくれて、毎日たくさんプレーすることができて、とても楽しかったです。」

ヒックスの本塁打は初回4点の一部で、オリオールズにとって今季最も生産的な開幕枠となった。 アンソニー・サンタンデールは、2回目のオフにレイズの先発タイラー・グラスノーに2点本塁打を加え、わずか4回1/3を投げて2018年以来初めて初回6失点を許した。

レイズの監督ケビン・キャッシュは、ルーキーに対するオリオールズの集中砲火について、「彼らは対応できる投球が来るたびに、彼らはそれに対処したように見える」と語った。

右翼手のカイル・ブラディッシュは、この初期のバックアップスタンドで印象的な5イニングを投げました。 速球に対する被安打の比率が0.505で試合に臨んだクラブを相手に、ブラディッシュはホームランを9本しか投げず、これはキャリアのスタート時点で最少で、その代わりにスライダーに頼った。

プラデシュ州は先発の際、スライダーに特有の鋭さがなかったと嘆いた。 火曜日、ギンスのナイフがタンパベイの得点力の高い打線を切り裂いた。 3回を終えて7安打を放ち、8Kのうち7本がスライダーだった。 プラデシュ州はフィールド上で23スイング中12エラーを捕らえ、平均52パーセントと非常に高い成績を残した。

この打者がプラデーシュ州にどのように困惑したかを知りたければ、ランディ・アルザレナの4本目の安打を見てほしい。バットが手から飛び、ホルヘ・マテオの近くに着地したとき、アルザレナはなすすべなく走り回った。

「本当に良かった」とプラデシュさんは自身の最高のショーについて語った。 「以前は早い時間と遅い時間を組み合わせていました。…私の最後の乗車、 [the slider] 彼はまったく常軌を逸していた。 私は早い段階からその領域にいて、その後それを拡大していったと思います。」

「我々は彼がスライディングカーブボールの組み合わせで何をしようとしているのかよく分かっていたと思う。しかし、我々にはそれに対する答えがなかった。」とキャッシュは語った。

タンパベイは最終的にプラデシュが5回に2ランを獲得し、オリオールズのリリーフ投手3人に対して6回4ランを記録した後、7対6まで差を縮めた。 二塁手のアダム・フレイジャーが好ランキャッチでリードを守り、イニングを終えた。

その後、ヒックスはその夜最大のヒットを放ち、8回にホームランシングルを放ち、オースティン・ヘイズを得点し、オリオールズに貴重な保険を与えた。

イニエル・カノとフェリックス・バウティスタは、今年よくそうだったように、そこからうまくいき、最後の7試合で得点を挙げた。 オリオールズのクラブでチームメイトの「ハッピーバースデー」の歌で一日をスタートした28歳のバウティスタは、その夜を20セーブ目で締めくくった。

マリンズは火曜日からトリプルAのノーフォーク戦でリハビリを開始する予定だったが、ナッシュビルでのタイズの試合は雨天中止となった。 オリオールズはオールスタークォーターバックの帰還を待ちきれません。 しかし、ヒックスの復活により、マリンズにはシーズン後半に向けた準備に必要な時間を与えることができた。

ブランドン・ハイド監督は「ヒックスが出場できたので幸運だったし、彼は我々のために素晴らしいプレーをしてくれた」と語った。

READ  シーホークスが 49ers に対して RB ケネス ウォーカー III をリード