7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アン王女、軽傷の治療を受け退院

アン王女、軽傷の治療を受け退院

  • 著者、 マット・マーフィー
  • 役割、 BBCのニュース

ダイアナ妃は軽度の頭部外傷と脳震盪の治療を受けていた病院から帰宅した。

アン王女(73)は日曜、グロスターシャー州の自宅で馬にひかれて負傷したとみられ、病院に搬送された。

医師が安全だと判断するまでは公務に戻らない見通しだ。 これがいつ起こるかは不明です。

彼女の夫であるサー・ティム・ローレンス中将は、短い声明で病院スタッフの親切に感謝した。

アン王女は金曜早朝、公の場には姿を現さずサウスミード病院を退院した。

彼女はミンチンハンプトン近くのガットコム・パークにある田舎の家に戻った。

チャールズ3世の妹である王女は日曜日の夕方、近くに馬を連れて自宅内を歩いていた際に負傷した。

しかし、脳震盪のため、頭部損傷の正確な原因はまだ不明です。

NHS によると、脳震盪は「打撲、打撲、衝撃などによる一時的な脳損傷」が原因である可能性があります。

この事故は、王室の一員が直面している最近の健康問題です。 チャールズ国王とウェールズ王女は今年、癌と診断され、公の場での活動が制限された。

アン王女は王室の中で最も勤勉なメンバーの一人として知られ、王室の不在中に何度か公務を行っている。

エリザベス女王は今週、徳仁天皇と雅子皇后の日本の公式訪問に参加する予定だった。 彼女はまた、スコットランド、ハンプシャー、グロスターシャーでの他のイベントにも参加する予定だった。

入院中、夫と娘のザラ・ティンダルが別々にベッドサイドを訪れた。

ティム卿は帰国後、「妻の短期滞在中のケア、専門知識、そして親切に対し、サウスメッド病院のチーム全員に心から感謝したいと思います。」と述べた。

READ  トラヴィス・ケルシー、テイラー・スウィフトのコンサートに先立ってオーストラリアに到着